FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

めんそーれパラオ

1999年の沖縄タイムスに「めんそーれパラオ」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。


 今までパラオを訪問した家族や友人は、皆一様に「パラオはいいね」と感想を漏す。パラオの観光名所に代表されるのは、その美しさを誇る南洋松島(ロックアイランド)であろう。

この風景は沖縄ではちょっと見られない。まだ発見されていない新種の海洋生物のいる可能性があるとされている神秘的な島々である。

 南洋松島をさらに南に行くとペリリュー島がある。先の大戦での激戦地であるが、零戦、戦車、砲台跡、司令部等が未だに生々しい姿で残っている。

墓地には沖縄の慰霊塔もあり西太平洋戦没者の碑からは、もう1つの激戦地であるアンガウル島が見える。ここは沖縄と同じく慰霊の島でもある。

 パラオで最大の島は、未だ開発されていないバベルダオブ島である。未開発であるが故に自然そのままを楽しむ事が出来る。

ここには大小二つの有名な滝があり、小さい方の滝は割と楽に行くことが出来る。友人とここを訪れた際には、みんなで思わず童心に帰ってしまいパンツ一丁の姿で滝にうたれたり、滝壺を泳ぎ回ったりしてはしゃいだ。

またこの島にはピラミッド状の遺跡があると一部の学者が推察している。果たして本当だろうか。もしこれが本当であれば、歴史上の大発見になるのである。

 首都コロール島には、戦前に造られた建物、海上道路も現役である。防空壕、石灯籠等、街の至る所に日本時代の遺物を発見することができる。

 食べ物も沖縄と非常に近い。タンム・エンサイ・島バナナ・パパイヤー等の農産物もあるし、魚やしゃこ貝なども沖縄と比べてかなり安く手に入る。

9月にここを訪れた私の両親は、今でも時々「パラオで食べた刺身が美味しかったね」と懐かしく思い出す。

 そしてパラオには一軒の沖縄料理店がある。泡盛を飲み、沖縄料理を食べていると何処からともなく沖縄民謡が聞こえてくる。

酔いが回るほどに、パラオの中の沖縄にいるのを実感する。めんそーれパラオ。沖縄とはまた違う常夏の島へ。

スポンサーサイト



<< パラオの独立 | ホーム | パラオの歌謡曲 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP