FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レギュラシオン理論と琉球

以下の文章は沖縄タイムス紙に私が寄稿し、掲載された文章です。
琉球の独立後の経済理論、経済政策を考える上でもレギュラシオン理論は有効であると考えています。
沖縄県立博物館でのボワイエ氏の講演会には、琉球銀行の幹部の方々もおいで下さり、新しい琉球の経済理論や政策を考える際に同理論が大変、注目されていることが分かります。



ロベール・ボワイエ氏は1943年生で、パリ理工科大学校(エコール・ポリテクニック)卒業した。数理経済計画予測研究所および国立科学研究所教授,ならびに社会科学高等研究院研究部長を経て,現在は米州研究所(パリ)エコノミストである。

著書に『レギュラシオン理論』『入門・レギュラシオン』『第二の大転換』『現代「経済学」批判宣言』『世界恐慌』『危機―資本主義』『転換―社会主義』『ラポール・サラリアール』『国際レジームの再編』『資本主義vs資本主義』『ニュー・エコノミーの研究』『金融資本主義の崩壊』(以上、藤原書店)『レギュラシオン』(ミネルヴァ書房)等がある。

ボワイエ氏は1970年代後半にフランスで誕生したレギュラシオン学派のリーダーである。同理論は、マルクスやアナール派の歴史認識とポスト・ケインズ主義の動学理論に基づき、ルイ・アルチュセールの構造主義を批判し、ピエール・ブルデューのハビトゥス概念を吸収して形成された新たな経済理論である。

資本主義だけでなく社会主義や南北問題をも研究の対象とし、世界中に同理論に基づく研究成果が蓄積されてきた。

レギュラシオン理論は市場の自動調節作用を重視する新古典派理論を批判し、制度による市場の調整(レギュラシオン)を重視する。市場の不安定性を取り除くためには、ケインズ主義が主張する政府の介入だけでは不十分であり、労使間・企業間・国際間の合意に基づく制度諸形態の必要性を同理論は力説する。

制度諸形態は国や歴史によって多様であり、経済発展が単一の経済モデルに収れんすることはない。制度諸形態によるゲームのルールである調整様式が、国の蓄積体制や発展様式を決定する。さらに同理論は資本主義の危機を長期動学的、国際比較的、歴史的に考察する。

琉球は現在日本の一部であるが、固有の歴史や文化、振興開発体制、基地の押し付け等、独自な制度諸形態が存在し、レギュラシオン理論による琉球の経済・社会・歴史分析に新たな可能性があるといえる。

ボワイエ氏が藤原書店『環』最新号に寄稿された「アメリカの超パワーと中国の不確実性という二つの制約に直面する日本」から、琉球の経済、基地や政治問題に大きな影響を与えているアメリカ、日本、中国の今後の経済動向を知ることもできる。

レギュラシオン理論の泰斗が琉球を訪問するのは初めてであり、世界経済を念頭に置いて琉球の経済自立を考える上でも絶好の機会になるであろう。
スポンサーサイト

<< 弁護士の水口洋介さんが琉球独立論 | ホーム | 誤解だらけの琉球独立論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP