FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「沖縄は着々と独立に向かいつつある 」

「金融戦争の現局面」というブログで琉球独立論が論じられていますので、ご紹介します。
http://blogs.yahoo.co.jp/phon_bb/34233827.html



安倍首相は、少しは沖縄県民の思いを理解しているのだろうか?。2月訪米時に普
天間移転問題を取り上げるのだけは止めた様である。新聞報道は、仲井真沖縄県
知事と、安倍首相の全く噛み合わない会話を淡々と報道している。

『「県民は、なるべく県外へ(移設を)という強い願いがある。願いに沿うような形で解決していただけ
るとありがたい」と述べ、県外移設を要求。安倍首相は「普天間の固定化はあって
はならないことで、米国との合意の中で進めていきたい」』

この問題に関し、両者の主張は全くの平行線であり、「解決の糸口はどこにも存在
していない。」安倍氏は自衛官の前で、『今そこにある危機に立ち向かい、我が国
の領土・領海・領空を断固として守り抜く決意』を述べたが、沖縄が独立すると、
この決意は全く無意味な空文句となる。


第2次大戦敗戦後、沖縄は占領状態から一度も脱していない。田中宇氏によると、
『日米両政府は、1971年の沖縄返還直前、駆け込み的に日本本土の米軍海兵隊
のほとんどを沖縄に移動させる戦略をとった』つまり返還前のドサクサに紛れて、
日本中の米軍基地(主に侵略の尖兵である海兵隊)が沖縄に集結した。

沖縄本島は、広大な一等地を米軍が占領し、県民はその周囲の狭い土地にひしめき
合って暮らしている。日本国内で沖縄県民だけが、過去数十年間に渡って日常的に
戦争と隣り合わせの暮らしを強いられ続けている。

沖縄県民にとって、事態は返還
直前に一層悪化し、そのまま40年以上固定化されている。米軍が世界中で侵略戦
争を初める毎に、沖縄はそのとばっちりを受けてきた。

民主党政権でのゴタゴタを見せ付けられて、沖縄県民は、そっと日本国民としての
立場を再検討する必要に迫られ、既に静かに動き出している。彼らの決意は固く、
「辺野古受け入れの代わりに、沖縄振興」といったマヤカシの代替案を受け入れる
余地は、既になくなっている。

本土から沖縄を見ていると、県民の反対運動がトーンダウンしたかに見えるかも知
れない。しかし、それは日本政府と本土の人間に対する沖縄県民の深い絶望が、深
く沈潜し、静かに琉球独立の確信に変わって行きつつあるに過ぎない。歴史的には、
薩摩藩に征服されるまで、沖縄は独立国家であった。

人口140万人の新琉球共和国は、極東アジア地域に新たな平和な一角を形成する
だろう。沖縄米軍基地は存続の口実を失い、全面撤退を余儀なくされる。尖閣問題
は自然消滅する。沖縄県民が新琉球国民として本気で独立を進めようと行動を始め
るとき、日本政府は止める事は出来ないだろう。

つまり、「角を矯めて牛を殺す」と同
じく「沖縄米軍基地を維持して沖縄県及び周辺諸島を全て失う」結果が間もなくやっ
てくるだろう。

小沢氏に親近感をもつ人達の中にも板垣英憲氏や植草氏のようにピントハズレの、
コメントを平気で書く人達がいる。彼らは沖縄の現状を、一度も真剣に学んだ事が
ないのだろう。

『「県外移設」を叫ぶ政治家が、政権内部に存在しなくなった。』
というサインは、沖縄県民の本土に対する拠り所をなくし、最後の期待を踏みにじ
り、新たな決断に向けて行動を促すサインでもある。

私も米軍基地を包囲する「人間の鎖」行動にたった一度参加しただけであり、偉そ
うなことは言える立場にはない。しかし、年明けの一連の報道と、沖縄県民の行動
を見せ付けられて、彼らの強い思いを少しだけ分かろうとすることは出来る。

日本
国の首都に琉球代表が4000名の大量動員を掛け、最後の訴えをしても全く誰も
真面目に相手にしないという事実を、全員が思い知った時、その確信は静かな行動
の呼びかけに変わっていくだろう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
沖縄(琉球)が独立する日
-国際的に正当性を訴える龍谷大・松島泰勝教授にきく(上)(下)
2013.01.22(火)2013.01.23(水)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36968

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
沖縄の悲しみと怒り(コンサルの独り言)
http://kongojia.exblog.jp/17563160/
(抜粋)
国際紛争の初期形態と思われる沖縄の現状を東京の政治エリ-トたちはわかっていない
日本政府は沖縄を統合するのに明らかに失敗している
このままでいけば沖縄は独立紛争に突入するだろう

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
琉球は独立運動を静かに進行させている 日本は沖縄を失う心配をするべき時期なのだが
2013年02月01日
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/4b4e5579c9e1b28baf5f1e2d96616c8d
(抜粋)
1月27日、日比谷で「オスプレイの米軍普天間飛行場配備撤回を求める集会」に沖縄
県の全41市町村長を含む4000人が参加した。28日には官邸に乗り込みオスプレイや
普天間移設県内断念を求める「建白書」を提出した。

<沖縄タイムス社説抜粋>
『東京要請行動は、日本政府の事前の過小評価とは異なり、沖縄にとって歴史的な
異議申し立てになるだろう。  オスプレイの配備撤回と、普天間飛行場の閉鎖・
撤去、県内移設の断念。この二つの主張は、切り離せない一対のものである。』

(抜粋)
琉球独立問題が国際化した時には、日米両政府ではコントロール出来ない状況になる
ことを肝に銘じておくべきだ。或る意味で、今回の「建白書」は琉球の日本本土への
“警告書”と受けとめておくべきだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
vanacoralの日記さんより(植草一秀氏の沖縄認識)
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20100221
2010年2月17日 (水)初党首討論:鳩山首相が新3Kで逆襲を開始
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1c7c.html
(抜粋)
5月には普天間基地移設問題での新提案が示される。辺野古海岸を破壊する滑走路
建設を回避できるのであれば、辺野古にヘリ離着陸用の陸上施設が建設されることに
なっても、これまでの自民党政権の日米合意よりははるかに優れたものになる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
安倍晋三首相が沖縄県を訪問、米軍普天間飛行場の辺野古への移設問題は、一件落着、めでたし、めでたし(板垣英憲氏の沖縄認識)
2013年02月03日 03時54分30秒
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/82ed5f4c394889857ad8a13e6ace3b68
(抜粋)
安倍晋三首相の沖縄訪問により、米軍普天間飛行場の辺野古への移設、沿岸埋め立ては、確定的となった。仲井真弘多知事が「県民は、なるべく県外へ(移設を)という強い願いがある。願いに沿うような形で解決していただけるとありがたい」と県外移設を要望した発言は、事実上、県民向けのリップサービスに止まった。

 鳩山由紀夫元首相が、「海外、最低でも県外へ」と打ち上げて、実現できなかったことから、沖縄県民の大多数が、鳩山由紀夫元首相を「嘘つき」呼ばわりして、批判、非難したときから、「県外移設」を叫ぶ政治家が、政権内部に存在しなくなった。これが、辺野古への移設、沿岸埋め立てを確定的にした。

 米軍は、普天間飛行場への移設後も、飛行場の地下に設置している「化学兵器PCB貯蔵タンク」を維持し続けるとともに、辺野古滑走路建設の裏で「原子力潜水艦」用の基地も設けるので、移設のメリットは、多大である。日本政府は、辺野古地域の住民に、補償金を支払い、この問題の解決を図り、一件落着とする。めでたし、めでたし。
スポンサーサイト

<< 今日、琉球に帰国します。 | ホーム | 弁護士の水口洋介さんが琉球独立論 >>


コメント

琉球獨立革命運動とは、琉球人民による真の民主主義を創り上げようとする目標の延長線上にある。その目標とは琉球民主共和政という新たな民主主義への挑戦である。それは旧型の日本民主主義とは異なる人民による徹底した民主ぎの構築と、失われた琉球文明への復帰が最終目標だ。古琉球人が築き上げた伝統・文化を保護し、日本の永久的搾取から人民を守らねばならない。

初めまして、phon_bbと申します。先生より4つ年上ですが、永年の平社員暮らしでクタビた中年オヤジです。先生の記事を参考に投稿した拙稿をそのまま掲載して頂き、面映い限りです。誤記やお気づきの点がありましたら、ご遠慮なく指摘をお願いします。

Re: タイトルなし

はじめまして。素晴らしい文章、紹介させていただきました。今後ともどうぞよろしくお願いします。



> 初めまして、phon_bbと申します。先生より4つ年上ですが、永年の平社員暮らしでクタビた中年オヤジです。先生の記事を参考に投稿した拙稿をそのまま掲載して頂き、面映い限りです。誤記やお気づきの点がありましたら、ご遠慮なく指摘をお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP