FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオの独立

1999年の沖縄タイムスに「パラオの独立」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。



 パラオは1994年10月1日に独立した。今年は独立5周年であり、盛大に花火を上げて国民が独立を祝った。

独立前は、米国の戦略的信託統治領であり、戦前は日本の委任統治領であった。委任統治領の前はドイツ、スペインの統治下におかれていたが、米国と日本の影響を強く受けた社会となっている。

 5年前に晴れて独立国となったが、その際、米国との間で自由連合盟約を結んだ。それは、2009年まで米国が援助金を提供する代わりに、米国が安全保障上の権限を有するというものである。

 パラオの北に位置するグアムは米国の属領であり、島民は米国籍を有しているが、政治的権限の面で様々な制限がかせられている。

北マリアナ諸島は米国のコモンウェルスであり、島民は米国籍を有し、また、独自の労働法、移民法を持っている。

北の諸島が米国の一部にとどまっているのであるが、パラオは人口規模が小さいにもかかわらず独立の道を選んだ。

また、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の他のミクロネシア諸島とともに独立する予定であったが、アジアとの近さ、軍事的価値の高さが評価され独立を決意したといわれている。

 独立しても米国を初めとする諸国からの援助金に依存しており、独立後も経済自立の課題を抱えている。外資を導入し、島内の開発を促進することで民間部門を育成しようとしている。

パラオに特徴的なことは外資だけが利益を得るのではなく、パラオ人も経済的利益の恩恵によくすることが出来るように法制度を整備していることである。

スポンサーサイト



<< 島育ち | ホーム | めんそーれパラオ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP