FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「誤解だらけの琉球独立論」には約200名の方が来て下さいました

‎3月7日、沖縄国際大学で開催された「誤解だらけの琉球独立論」には約200名の方が来て下さいました。廊下や階段には立ち見になった方もいらっしゃいましたが、熱心に聞いて下さいました。

友知先生から頂いた、参加者のコメント集にも独立に対する強い意欲、関心が書きこまれ、大変、励まされました。

会場には、グアム政府脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス事務局長、グアム大学のマイケル・ベバクワ先生もおられ、グアムと琉球がともに、脱植民地化、独立を進める仲間として見守って下さり、島人の熱いつながりを感じました。

講演後も、それぞれの立場で琉球独立運動を行い、独立の意思を示しながら反基地運動をされている方々と話すこともでき、私自身も多くのことを学び、勇気づけられました。

講演を企画、準備して下さった、友知先生をはじめとする沖縄国際大学の皆さん、そして来場の多くの方々に心よりお礼申し上げます。ミーファイユー。
スポンサーサイト

<< モンゴル800のGood Morning Okinawa | ホーム | Dr Michael Lujan Bevacqua's article about the independence of Ryukyu and Guam. >>


コメント

向一個琉球人民的意志、收回我民族的驕傲!
まだ学生ですが、松島さんの獨立學會を応援してます。
琉球社会主義共和国の解放万歳!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP