FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島育ち

1999年に沖縄タイムスに「島育ち」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。

 
私は石垣島で生まれ、南大東島、与那国島、沖縄本島那覇市で育った。父親が沖縄気象台の職員であった関係から母、弟とともに島々に移り住み、島の伝統に接し、今では人々との温かいつながりが貴重な思い出となっている。

 初めての海外勤務地であったグアムは、基地と観光で経済が成り立っているという沖縄とほぼ同様な条件下におかれた島であり、そこでもまた沖縄県人会初め、沖縄と関わりを持つ方々にお世話になった。

 次の勤務地であるパラオには日本本土や沖縄の文化的基層と共通する部分がみられ、沖縄県と歴史的に深い関わりがあることを発見した。

 また色々な島に住んでみて思うことは、島は孤立しており、近代的な側面では不便な点もないではないが、人々の関係が非常に緊密であることだ。

都会の感覚ではお節介と思えるくらい人々がお互いの存在を気にしている社会である。祭、食事会、酒飲み会等、色々な名目で人々が集まり、協力しあい、団結をはかろうとしている。

 パラオではシュウカンと呼ばれる行事があり、親戚が食事を持ち寄って集い、または金銭的に支援しあう。車で走っている時に対向車に知人が載っていると、手で必ず合図する。日常的にお互いを必要としているのだなと感じさせる光景によく出会う。

 先日、街のショッピングセンターで偶然沖縄県出身者と出会った。すると彼は突然、私達にその場で待つように言い、若い者に小型マグロ2匹を持ってこさせた。

それは2時間前に獲れたばかりの生きの良いマグロであった。私達は観光客の好奇と羨望の眼差しに見送られながら、マグロ2匹を抱え取り敢えず自宅へと戻ったのであった。

その夜は美味しい刺身と、人の心の温かさを有り難く頂いたのであった。

 物が溢れている社会に住むことが人間の幸せではなく、家族、地域住民がお互いに助け合い、信頼し合うという幸せの原点を島の生活は教えてくれる。

スポンサーサイト



<< パラオの中の沖縄 | ホーム | パラオの独立 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP