FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本人にとって琉球独立とは何か

昨日は、午後から龍谷大学経済学部松島ゼミのゼミ長の八尾君とともに、山内さんのご案内で柳原銀行記念館の中でこれまでの崇仁地区の変遷の歴史を学び、そのあと、山鉾、コミュニティセンター、児童館、ビオトープ、住宅地などを歩き、現在地域が抱える課題と、これからのまちおこしの可能性について学びました。

今日は、まちおこしのシンポジウムが開催され、ゼミ生も参加します。こころから地域を愛している山内さんの姿に感動しました。


夕方から大阪天満橋に移動し、関西 沖縄戦を考える会の学習会において「沖縄戦」の教訓から琉球の「自治」へと題する講演を行いました。リュックサック、アタッシュケースに入れた書籍も完売しました。約60名の参加者は熱心に話を聞いてくださり、質問、反論も時間を延長して続きました。

交流会でも充実した意見交換をしました。「21世紀型の琉球解放の方法である」「日本人民との連帯の可能性」「日本の他の米軍基地所在地域と琉球とは同じか」「米国帝国主義の下、日本も植民地である。米国の分裂させて統治するの方式に巻き込まれるべきではない」「沖縄を返せと闘った復帰運動は何であったのか」


質問をされた方の中には宮古島の方もおり、仲宗根政善先生から琉球諸語を学んだ方でした。会場には京都大学大学院生、フリージャーナリスト、海勢頭豊さんの息子さんなど、若い方の姿もみられました。

この学習会を企画、実現して下さった西浜さん、松浦さんに心よりお礼申し上げます。日本人にとって琉球独立が何を意味するかを考える一つのきっかけになっと思います。


上のカッコの言葉は、参加者の質問、反論の言葉の一部です。そのほかにも多くの意見が寄せられ、真剣な議論をしました。琵琶湖の家に着いたのは夜の12時を回っていました。
スポンサーサイト

<< 早稲田大学朝鮮史研究会 | ホーム | 今日は忙しい、充実した一日になりそうです >>


コメント

「無防備独立論」「非武装独立論」

・非現実的な理想論「無防備独立論」「非武装独立論」を松島先生達が掲げていらっしゃる以上、今回の琉球独立論ブームも、琉球の一般庶民には現実の広がり・根拠を持たずに、やがて今回も収束していくのでは・・・・・と危惧しています。




・ハワイ大学等の研究機関等との縁とかで、松島先生の御著書「琉球独立への道」を英訳出版できないものでしょうか?もしくは松島先生の御自費で翻訳会社に依頼して英訳するとか・・・・。

御著書「琉球独立への道」の、国際語である英訳出版は、米国・日本の既定路線の琉球への暴力性への大きな抑止効果があると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP