FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『同化と他者化ー戦後沖縄の本土就職者たち』

龍谷大学社会学部の教員の岸政彦さんから、以下のご著書を頂きました。これまでにも抜き刷りを頂戴していましたが、まとまった研究成果を世に出されました。いろいろと忙しく、今日から読み始めています。「復帰前、「祖国」へのあこがれと希望を胸に、本土へ渡った膨大な数の沖縄の若者たち。しかしそれは壮大な「沖縄への帰還」の旅でもあった──。」と本の帯にもある通り、琉球人のアイデンティティが「本土就職」を通じてどのように形成されてきたのかを実証的に明らかにしたものです。同じ大学ですので、いつかお会いしてお話ができればと思います。ご本を頂戴し、みーふぁいゆー。




『同化と他者化ー戦後沖縄の本土就職者たち』

岸 政彦 著
ナカニシヤ出版

四六判・450頁
税込定価 3780円
2013年2月

復帰前、「祖国」へのあこがれと希望を胸に、
本土へ渡った膨大な数の沖縄の若者たち。
しかしそれは壮大な「沖縄への帰還」の旅でもあった──。

「もうひとつの復帰運動」としての戦後の大規模な本土移動。
なぜ彼らのほとんどは、結局は沖縄に帰ることとなったのか。
詳細な聞き取りと資料をもとに、「沖縄的アイデンティティ」、
さらにはマイノリティのアイデンティティのあり方を探る。


●著者紹介

岸 政彦(きし まさひこ)
龍谷大学社会学部准教授。
1967年生まれ。関西大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)。2006年より龍谷大学社会学部教員。


●主な内容

序 章 オキナワから来た少年

第一章 戦後沖縄の経済成長と労働力流出
       一 沖縄の戦後
       二 戦後の人口移動と都市集中
       三 沖縄の高度経済成長
       四 本土就職の概要

第二章 本土就職者たちの生活史
       一 調査の概要
       二 本土就職者たちの生活史

第三章 ノスタルジックな語り
       一 ノスタルジックな語り
       二 「繋留点」としての定型的な語り

第四章 本土就職とはなにか
       一 過剰移動――戦後沖縄の労働力移動における政治的要因
       二 自己言及と他者化――本土就職者のための「合宿訓練」
       三 過剰移動その後

結 論 同化と他者化
       一 沖縄的同郷性
       二 アイデンティティとはなにか
       三 マジョリティとマイノリティ
       四 同化と他者化


スポンサーサイト



<< 「誤解だらけの琉球独立論」が今日の沖縄タイムスに掲載されました。 | ホーム | なぜ、琉球独立なのかー琉球と日本との新たな関係性を考える >>


コメント

ありがとうございます

ご紹介いただき、ありがとうございます、光栄です。
いつかまた、ゆっくりお話したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

Re: ありがとうございます

こちらこそご著書を頂戴し、心より感謝します。
お会いして意見の交換をしたいですね。


ご紹介いただき、ありがとうございます、光栄です。
> いつかまた、ゆっくりお話したいと思います。
> 今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP