FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオの中の沖縄

「パラオの中の沖縄」と題する私のコラムが沖縄タイムスの1999年7月1日の朝刊に掲載されましたので、ご紹介します。

 
「果物」「急病」「乳バンド」「衣紋かけ」「暴れる」「勿体無い」。さてこれはどこの言葉でしょう。なんとこれらはすべて外国語なのです。

沖縄の南約2800キロの太平洋上に浮かぶ人口約1万7千人の小さな独立国パラオ。ここは、これら日本語がパラオ語として日常話されているのです。

沖縄のサーターアンダギーもパラオでは「タマ」として親しまれています。このタマはパラオでは大変愛されている食べ物の一つで、店毎に少しずつ味が違います。

値段は安い物で一袋10個入りのものが1ドルから、高いものは1つ20セントまでいろいろ。島で人気の店をのぞいたところ、ここでは一日中タマを揚げる香ばしいにおいが漂っていました。

また、パラオのおいしい物の一つに「ベントウ」があります。日本風にご飯とおかずに分かれ、弁当の容器に入っています。そしてウチナーンチュが好きなポークを使ったポークおにぎりは絶品です。

それはご飯の上にポークと玉子焼きを載せて海苔で巻いた大きな握りずし風のものです。

これら弁当類はどこの店でも売られていて、パラオの人たちの生活になくてはならない物になっています。

先日、沖縄風のポーポーを発見しました。中身はピーナツバターでしたが、これはまさしく沖縄の味。約5本入って1ドル25セント。安くておいしくて懐かしくて、パラオの味覚には大満足です。

私に初めてタマを教えてくれたのはパラオのヒガさんです。ヒガさんのおじいさん、おばあさんは戦前に沖縄からパラオにやって来たとのこと。

今では比嘉という名字もパラオ風にヒガと変わりすっかりパラオに定着しています。タマといい、ポーポーといい、ヒガさんといい、パラオと沖縄との近い関係は大変に興味深いです。

スポンサーサイト



<< 港大尋さんのCDリリースとライブツアーのお知らせ | ホーム | 島育ち >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP