FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の脱植民地化論

専修大学社会科学研究所社会科学研究叢書として、専修大学出版局から『東アジアにおける市民社会の形成―人権・平和・共生―』(内藤 光博 編)が2012年3月15日に刊行されました。私も「琉球の脱植民地化論」という論考を寄稿していますので、ご笑覧ください。

 目次
第Ⅰ部 東アジアにおける市民社会形成
 第1章 東アジアにおける市民社会の形成
―経済学的視点から― 内田 弘

 第2章 現代市民社会論の展開
―日韓「市民社会」研究の意義と課題― 内藤 光博

 第3章 韓国における市民社会と市民政治論争 丸山 茂樹

第Ⅱ部 東アジアにおける衛生・医療の発展と市民社会形成
 第4章 香港における公的医療の史的背景 永島 剛

 第5章 神戸医療産業都市と市民社会 高橋 誠
第Ⅲ部 東アジアにおける産業構造の変化と市民社会形成

 第6章 市民社会における中小企業の役割
―日本の場合― 黒瀬 直宏

 第7章 21世紀における中国の産業政策の展開
―産業発展と和諧社会の形成― 大西 勝明

 第8章 市民社会におけるソーシャル・ビジネスの役割
―フェアトレードによる商取引の民主化― 神原 理

 第9章 東南アジアのグローバリズムとビジネス社会の変化
―フィリピンを事例として― 小林 守

第Ⅳ部 東アジアの民主化運動と共生社会形成の課題と展望

 第10章 琉球の脱植民地化論 松島 泰勝

 第11章 先住民族アイヌの権利と政策の諸問題 津田 仙好

 第12章 韓国の民主化運動と「過去の清算」
―1980年「光州事件」が切り開いた韓国民主化への道― 内藤 光博
スポンサーサイト

<< 今日、学生と自宅で交流会します | ホーム | 主権国家とは 沖縄とは何なのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP