FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムのチャモロ人による琉球支援

グアム政府脱植民地化委員会事務局長であり、少年時代に琉球に住んだことのあるエドワード・アルバレスさんとスカイプを先日しました。エドワードさんは、先月琉球大学で行った基調講演の謝礼金を、オキスタ107が行っている「にーぬふぁぶし」に寄付されるとおっしゃりました。

先月、琉球でエドワードさんとお会いした時にも、同団体に寄付をされていました。

昨年、エドワードさん、マイクさん、マリリンさんとともに、親子で琉球諸語を学びあう、にーぬふぁぶしの授業を見たことがあります。

グアムでもチャモロ語の復興運動が活発に行われいますが、琉球の言語復興運動に支援して下さり、心より感謝申し上げたいです。

エドワードさんは、今年もジュネーブの国連欧州本部、エクアドルで開催される国際会議に参加され、グアムの脱植民地化を訴えるそうです。琉球人もチャモロ人から励まされ、勇気をもらっています!
スポンサーサイト

<< 今日の沖縄タイムスに4月27日のシンポの記事が掲載されました | ホーム | 学生との鍋会 続き >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP