FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日の沖縄タイムスに4月27日のシンポの記事が掲載されました

沖縄の平和創造を目的に日本からの独立を追求する「琉球民族独立総合研究学会」の設立準備委員会が31日、宜野湾市内で開かれ、「祖国復帰の日」の5月15日に発足することを決めた。「屈辱の日」前日の4月27日には、「琉球の主権回復を求める」と題したシンポジウムを開く。

 この日まとめた設立趣意書では、薩摩侵攻、琉球処分からオスプレイの強行配備までを挙げ「日米による琉球差別であり、植民地支配」「日本人は琉球を犠牲にして『日本の平和と繁栄』を享受し続けようとしている」と批判。新学会を「琉球民族の琉球民族による琉球民族のための学会」と定めた。

 シンポは27日午後1時から宜野湾市の沖縄国際大学で。大田昌秀元知事や「反復帰論」で知られるジャーナリストの新川明氏、グアム大学教員のマイケル・ベバグア氏らが松島泰勝・龍谷大学教授ら設立準備委員と議論を交わす予定。

 年2度の学会大会では世界各地の独立過程を研究。国連の各種委員会に参加し、太平洋島しょ国と連携構築も目指す。設立準備委員で「しまんちゅスクール」代表の照屋みどりさん(41)は「自分が活発に動ける20年以内に独立を目指したい。議論が広がれば沖縄は大きく変わる」と期待した。
スポンサーサイト

<< 今日の琉球新報に「独立学会」の記事が掲載されました | ホーム | グアムのチャモロ人による琉球支援 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP