FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本政府は、基地問題だけでなく、漁業権についても琉球の意思を無視しています

2013年4月12日の琉球新報の生地です。

日本政府は、基地問題だけでなく、漁業権についても琉球の意思を無視しています。




返還・統合計画「修正を」 知事会見、漁業協定に抗議

 仲井真弘多知事は12日午前の記者会見で、日米両政府が合意した嘉手納基地より南の米軍施設・区域の返還・統合計画について、「軍転協(県軍用地転用促進・基地問題協議会)として考えをまとめ、修正できるものは修正してもらわないといけない」と述べ、今後、内容を精査した上で政府に修正を求めていく考えを示した。


 政府が尖閣諸島を含む周辺海域の漁業権をめぐる日台漁業協定に合意し、排他的経済水域(EEZ)の一部で台湾漁船の操業を認めたことについて「文字通り頭越しとしか言いようがない。


クロマグロのいい漁場が(台湾の操業を認める区域に)大きく追加されているのは予想外だ。極めて遺憾というしかない」と述べ、強く抗議した。漁協側と歩調を合わせ、政府に申し入れる考えを示した。
スポンサーサイト

<< どこまで、日本の国益のために琉球を犠牲にすれば気がすむのでしょうか | ホーム | 沖縄県と滋賀県の知事が主権回復の日の式典を欠席することの意味 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP