FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南洋松島

「南洋松島」と題するコラムが沖縄タイムスの1999年7月29日の朝刊に掲載されましたので、ご紹介します。


 戦前、コロール島からペリリュー島の間に点在する島々は「南洋松島」と呼ばれていた。現在はロックアイランドとして親しまれている島々は石灰岩でできている。

ある島はマッシュルーム、ある島は鯨のように見える。天然の洞窟や橋が波の浸食により形成されている島々もある。景観がユニークで何度見ても飽きない。

 海底には世界有数の珊瑚礁が広がり、ナポレオンフィッシュ、マンタ、様々な熱帯魚が泳ぎ戯れている様が水上からも見て取れる。

また、ある内海の海底には美肌効果があるという泥があり、同乗の女性達が嬉しそうに顔に塗っていた。

 島々の美しさに心が躍るが、それとともに、島々が持つ歴史にも興味深いものがある。
 1783年に英国の東インド会社の船がパラオ近海で座礁し、ウーロン島で船員が船を再建した。

その際、パラオ人から食料、水の供給を受け、その代わりに鉄砲の使い方を教えたことにより、内戦で勝ったコロール首長の勢力が強まった。その後、パラオは西欧諸国との関係が深くなっていった。

 パラオとヤップ島は地図で見ると遠くない距離にあるが、ヤップ人が石の貨幣の材料として目を付けたのも南洋松島の島々である。

石灰岩の岩を円形に削り、中央に穴をあけ、筏に乗せてヤップ島まで運んだ。多くの時間と労力を要したことで貨幣としての価値も高まり交換手段としての役割を果たした。因みに、パラオでは種類や形の異なる石貨が今でも使われている。

 観光コースになっているのは、先の大戦の遺物である。プロペラや操縦席が朽ちずに残った零戦がリーフ内に沈み、熱帯魚の住処となっていた。

ある島の洞穴には機関銃が置かれており、銃口が敵なき空に向けられている。パラオではペリリュー島やアンガウル島が激戦地となったが、南洋松島にも戦争の跡が残っており心が痛んだ。

宮城県にも松島はあるが、パラオの松島には、熱帯の美しさがあり、歴史的にも興味深い時が刻まれているのであった。

スポンサーサイト



<< 米軍再編と沖縄の自立(ビデオ上映と講演) | ホーム | 港大尋さんのCDリリースとライブツアーのお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP