FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昨年の11月ごろから仲間と準備してきた琉球民族独立総合研究学会が5月15日発足します。

昨年の11月ごろから仲間と準備してきた琉球民族独立総合研究学会が5月15日発足します。


cdcff8170bcd8c0838dea4231a83851c[1]
スポンサーサイト

<< 琉球の諸先輩方と、「主権」に関して論じる機会が与えられ大変、幸せです。琉球人のマブイをもって議論したです。 | ホーム | 高良副知事に期待するのは、「江戸上り」ではなく、「琉球の大交易時代」をアジア太平洋の中で実現させることです >>


コメント

独立の詩を作りました。
応援しています。

<琉球よこぶしを挙げて立ちあがれ>

  琉球びとよ
  今こそ いにしえの故郷に立ち戻ろう
  今こそ 独立の意志を口にしよう
  草の根の連帯を紡ぎはじめよう
  基地も軍も無い 平和のシンボルとして
  海風そよぐ たおやかな琉球を取り戻すため

  琉球よ 
  今こそ 独立の鐘を鳴らせ
  日本の侵略を終わらせよう

  琉球びとよ
  今こそ その時がきたのだ
  ガンジーのように
  声をあげ 目を見開き 世界にその意志を示そう
  琉球のことは琉球が決めると

  この地を故郷と想う 総ての人よ
  手をとり 独立を叫ぼう
  人が人として 自由と尊厳に抱かれるまで
  命にかえても 守りあいながら
  平和な島を築いていこう

Re: タイトルなし

すばらしい琉球独立の詩、心より感謝申し上げます。
詩句の意味をよくかみしめ、一歩、一歩、歩みたいと思います。



> 独立の詩を作りました。
> 応援しています。
>
> <琉球よこぶしを挙げて立ちあがれ>
>
>   琉球びとよ
>   今こそ いにしえの故郷に立ち戻ろう
>   今こそ 独立の意志を口にしよう
>   草の根の連帯を紡ぎはじめよう
>   基地も軍も無い 平和のシンボルとして
>   海風そよぐ たおやかな琉球を取り戻すため
>
>   琉球よ 
>   今こそ 独立の鐘を鳴らせ
>   日本の侵略を終わらせよう
>
>   琉球びとよ
>   今こそ その時がきたのだ
>   ガンジーのように
>   声をあげ 目を見開き 世界にその意志を示そう
>   琉球のことは琉球が決めると
>
>   この地を故郷と想う 総ての人よ
>   手をとり 独立を叫ぼう
>   人が人として 自由と尊厳に抱かれるまで
>   命にかえても 守りあいながら
>   平和な島を築いていこう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP