FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

チョムスキー「沖縄の人々が日本の一部であり続けたいならそれでいい。だが、独立を望むなら自発的に動いていくべきだ」

今日の琉球新報の記事について、親川志奈子さんがFBで紹介されていましたので、転載します。


「この(普天間)問題はより大きな疑問をはらんでいる。沖縄が日本に支配されるべきかどうかという疑問だ。歴史的に見て沖縄は独立国家だった。沖縄の人々が日本の一部であり続けたいならそれでいい。だが、独立を望むなら自発的に動いていくべきだ」とチョムスキー氏は述べています。




今日の新報、松堂秀樹記者によるノーム・チョムスキー単独インタビューがすごい。言語学者時代の論文から読んでいる自称チョムジアンの私は、近年「世界最高の論客」と呼ばれるようになってからのチョムスキーが、アメリカ人という責任のもと沖縄に対する発言を続けてきたことにリスペクトの念を抱いていた。

今日のインタビューのすごいポイント、一つ目は「この(普天間)問題はより大きな疑問をはらんでいる。沖縄が日本に支配されるべきかどうかという疑問だ。歴史的に見て沖縄は独立国家だった。沖縄の人々が日本の一部であり続けたいならそれでいい。だが、独立を望むなら自発的に動いていくべきだ」という発言。

沖縄が日本の一部であることを熱望し続ける以上、「沖縄問題」は日本政府により正当化されるという指摘と、かつて独立国家を生きていた民族が植民地支配からの独立という政治的地位を望む当然の権利とそれを主張する必然性が語られたこと。

すごいポイント二つ目は「非暴力貫き連帯築け」という沖縄へのメッセージ。連帯する相手としては日米の反基地運動家だけでなくエクアドルやBRICSやインドネシアや南アフリカという国々をあげ、南米が米軍基地を撤去させた事例を紹介し、「沖縄の行動は沖縄自身の解放を手助け、それが世界の国々を鼓舞していくことになるだろう」と励ましたこと。

本当はアメリカ人として彼が沖縄に何をするつもりのかというところまで聞きたかったが、もしかしたらインタビュアーが踏み込まなかったかもしれないしそれは次の機会を期待することにする。



379835_10151612847276800_1688323704_n[1]
スポンサーサイト

<< 米軍政下の沖縄に核兵器1200発超 | ホーム | 琉球にとってそもそも「主権」とは何なのかを、琉球の将来を見つめながら論じたいと思います。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP