FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米軍政下の沖縄に核兵器1200発超

沖縄タイムスの今日の記事です。
日本が主権回復の式典をする意図が良く分かります。





サンフランシスコ講和条約発効で米軍施政下に取り残された沖縄には、2年後の1954年から核兵器が持ち込まれ、最大18種類、1200発以上あったことが明らかになっている。本土は「非核地帯」とされ、有事にだけ運び込むことになっていた。

 米環境保護団体、天然資源保護協会の研究者らが99年、国防総省の核兵器配備先リストを公表した。沖縄の項には、核爆弾や280ミリカノン砲(原子砲)など全四軍の核兵器の名前が並ぶ。

 中でも陸軍の「デイビークロケット」は射程が最短でわずか約2キロ。撃った兵士や周辺の土地も被ばくが避けられない物だった。

 文書によると、これらの核兵器が最後に撤去されたのは72年の6月。復帰時に全て撤去するとの日米合意を、1カ月とはいえ破っていたことになる。

 沖縄と同様に本土から切り離された小笠原諸島の父島と硫黄島にも、68年の返還直前まで核兵器があった。一方、本土の三沢や厚木、岩国といった基地には65年までプルトニウムなどの核物質を外した弾体だけを配備。有事には沖縄から核物質を輸送し、組み立てる態勢を取っていた。

 「米軍基地の歴史」などの著書がある関東学院大の林博史教授は「独立国になった日本には核弾頭の配備を避ける一方、沖縄には全四軍の核兵器を集中させていた。差別的な取り扱いは明白だ」と指摘。復帰1カ月後の撤去についても、「非核三原則に反する重大な問題であり、政府は米国に説明を求めるべきだ」と強調した。
スポンサーサイト

<< 琉球、日本、グアムの主権とは何かを、琉球の土地に立って、徹底的に考え、発言したいと思います | ホーム | チョムスキー「沖縄の人々が日本の一部であり続けたいならそれでいい。だが、独立を望むなら自発的に動いていくべきだ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP