FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄では独立論が基盤を持ち始めた

孫崎享氏の琉球独立に関する見解です。




沖縄では独立論が基盤を持ち始めた

沖縄では独立論が基盤をも持ってきた。

 5月15日「琉球民族独立総合研究学会」の設立発表記者会見が
行われる。
 この動きは先念から具体化に向け動いていた。
 12年11月の「日本平和学会」で、龍谷大学の松島泰勝教授(石垣島出身)
や沖縄国際大学の友知政樹准教授らが独立へのプロセスを具体的に検討する
「琉球民族独立総合研究学会」を立ちあげる構想を披露した。

沖縄の平和創造を目的に日本からの独立を追求する
「琉球民族独立総合研究学会」の設立準備委員会が3月31日、
宜野湾市内で開かれ、「祖国復帰の日」の5月15日に発足することを決めた。

「屈辱の日」前日の4月27日には、「琉球の主権回復を求める」と題した
シンポジウムを開いた。
設立趣意書では、薩摩侵攻、琉球処分からオスプレイの強行配備までを挙げ
「日米による琉球差別であり、植民地支配」
「日本人は琉球を犠牲にして『日本の平和と繁栄』を享受し続けようとしている」
と批判。新学会を「琉球民族の琉球民族による琉球民族のための学会」と定めた。

 以下設立趣意書の主要内容

・琉球民族は独自の民族。琉球国はかつて独立国

・1609年薩摩侵攻、1879年明治政府による琉球併合、

・それ以降日本政府による差別、1945年沖縄の地上戦、
1952年日本の主権回復時に琉球を質草、

・日本人は琉球を犠牲にして「日本の平和と繁栄」を享受つづけようとしている。

・沖縄は独自のネーション、国際法で保障された「人民の自己決定権」を
行使できる法的主体。

・国際人権規約共通第一条に規定された「人民の自己決定権」にもとづき、
琉球独立という本来の政治的地位の実現を目指す、」

 共同代表に松島泰勝龍谷大教授、友知政樹・沖縄国際大学准教授(39)等。

 民主党、自民党両政権とも、あまりに沖縄の人々の意思を無視してきた。

 普天間基地の辺野古移転、
 オスプレーの配備、
 「主権回復の日」

 尖閣で「一ミリたりとも譲らない」という首相の下で、
沖縄を独立に追いやる政策を続けている。
「主権回復の日」に新らなオスプレーの配備。沖縄の人は独立も選択肢かな
と考え始めた。
スポンサーサイト

<< 識者、独立を模索 沖国大シンポ、学会準備委に熱気 | ホーム | 琉球、沖縄の人々の誇りを傷つける状況が続いている。独立という言葉が少数派だけではなく、一般の人も語る状況になってきた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP