FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

4.28ビデオ上映と講演「米軍再編と沖縄の自立」(お礼)

昨日は、横浜の「かながわ県民センター」において、ビデオ「やんばるからのメッセージ~沖縄県・東村高江の記録」を見て、そのあと、私の講演が行われました。

1996年に私がまだ大学院生であったころ、沖縄講座の方に呼ばれてお話をさせていただいて以来、12年ぶりに皆様にお会い致しました。

沖縄講座の皆様には大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。また会場に来て下さいました方々にもお礼申し上げます。おかげで多くを学ぶことが出来た一日となりました。

高江のビデオでは、ヘリパット建設に反対する住民の姿が映し出されていました。土地を奪われることを、自らの体をもぎとられるように感じているのではないかと思いました。終戦後、琉球の土地が奪われたように、今も同じことが行われている。

琉球人同士がいがみ合うような状況を日本政府が作り出している。

現在の高江の戦いを踏まえながら、米軍再編の意味、グアムの歴史、沖縄の自立について話し、
会場の皆様とも議論をいたしました。

5月18日に行われる「5.18シンポジウム「来るべき自己決定権のために―沖縄・憲法・アジア」」にも、沖縄講座の方々が支援をしています。

シンポは次のように午後1時から9時までという2部構成の長時間のものになります。

 シンポ第1部 (コーディネイター 豊見山和美)
 基調講演 屋嘉比収
 パネル 新川明・川満信一・比屋根薫・屋嘉比収

 シンポ第2部(コーディネイター 長元朝浩)
 基調講演 佐藤優
 パネル 孫歌・崔真碩・仲里効・松島泰勝・佐藤優


アジアの中から琉球の自治について考えてみたいと思います。新川さん、川満さんがお二人がそろって登場することもあまりなく、「復帰」を総括し、これからの琉球の道を考えるうえでも、重要な時間になるのではないでしょうか。   

スポンサーサイト



<< 関西沖縄文庫による5.15集会のお知らせ | ホーム | 米軍再編と沖縄の自立(ビデオ上映と講演) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP