FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ある日本人の方からのメール

ある日本人の方からのメールをご紹介します。





はじめまして。あなたは自らを「琉球人」と名乗っておられるので私は「日本
人」としておきます。(沖縄県は「琉球」、日本本土を「日本」とします。)

松島教授は琉球独立派であるために日本人からネット、ファックスを通じて攻撃
を受けている聞きました。それを知ったとき、私はメールでもいいから、松島教
授に応援のメッセージを送りたかったのです。

私は三ヶ月前の2月に沖縄に赴き、普天間・嘉手納基地の周囲で朝から晩まで歩
いて住民の話を聞きながら、きわめて深刻な実態を知るにいたりました。

しかし、本当に驚いたのは日本に戻ってからでした。琉球に行ったというので話
しかけられ、私が訪れた基地のことを持ち出すと同輩たちは顔色を変え、それ以
上琉球のことを聞かなくなったのです。中には基地の調査に行ったことに対して
笑う輩もいました。

このとき、日本人にはいくら基地反対を訴えても無駄だなと、確信してしまいま
した。馬に念仏、猫に小判、そして日本人に基地反対デモといったところでしょ
うか。こないだの「主権回復の日式典」もそうです。

私は安倍首相に書簡を送り、
中止を求めましたが結局、式典を開催しました。また、銀座でのオスプレイ反対
デモを「売国奴」と罵り攻撃する動画を見て日本人の本質を知ってしまいました。

日本人の琉球に対する度を過ぎた無関心さ、鈍感さ、錯覚ぶりには非常に腹が立
ちます。沖縄観光だのリゾートだのといってはしゃいでいる輩を見ると、言葉は
悪いですが殴りたくなってきます。

独立学会の設立日がすぐそこまでせまるなかで、あなた方は攻撃に晒されるでし
ょうがそんなものに屈せず、偉大な事業を成し遂げてください。かつてのように
王国時代のような栄華を取り戻されるのが一番だと信じています。

日本人やアメ
リカ人といった侵略者どもを追い出し、沖縄タイムス・琉球新報から米軍の記事
がなくなる日が来ることを、日本人である私も強く願います。

私も可能なら、沖縄のマスコミに就職して独立学会を影で支えたい気持ちであり
ます。日本人だから学会には入れないかもしれないけど、援護したいのは本当で
す。

独立学会のこれからの発展を願いつつこれにて失礼します。



訪問中の二風谷にて
スポンサーサイト

<< 今日、琉球に帰国します | ホーム | 京都崇仁地区の春祭り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP