第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島  第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島(主催・NPO法人ゆいまーる琉球の自治)が11日、石垣市民会館会議室で開かれた。県内各離...">
FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島


昨日、石垣島から戻りました。島が直面する現実に対して、闘い続けている琉球人の話を伺い、改めて琉球人の人間としての誇りの大切さを感じました。琉球独立についても賛同の声が寄せられました。次は与論島で行う予定です。

八重山毎日新聞の記事です。

hr size="1" />
第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島

 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島(主催・NPO法人ゆいまーる琉球の自治)が11日、石垣市民会館会議室で開かれた。県内各離島で島の住民が中心になった集いを開き、島々が直面する諸問題や取り組みについて意見を述べ合うもの。上勢頭芳徳(竹富島)、潮平正道(戦争マラリア)、山里節子(環境)、新垣重雄(住民運動)、石垣金星氏(西表島)がそれぞれの分野で抱えている問題を報告した。

 集いは同法人が毎年2回、県内の各離島で行っており、2007年度に西表島、11年度には与那国島で開かれ、市内では初めての開催。

 龍谷大学教授で同法人理事長の松島泰勝氏は「石垣では自衛隊や尖閣諸島をめぐる緊張感の高まりや教科書問題、島の乱開発など深刻な課題が山積している。質疑や意見交換を通して各地域の行動に結びつけてほしい」とあいさつ。
 講師5氏が各分野でそれぞれ抱えている問題や課題、これまでの経過を報告。その中で新垣氏は「現在の石垣島が抱える諸問題と住民運動の取り組み」をテーマに講話した。

 八重山地区公民教科書問題や、市の弁護士費用問題を巡る市民団体などの役員を務める新垣氏は「これだけ住民運動が必要で、問題も多いことから役職を引き受けざるを得ない状況がある。一生懸命やってはいるが、人手不足で対処できない部分も多い」と説明。

 その上で「われわれ(住民)の側で行政を監視し、住民運動を通して各種団体が横の連携を取り合いやっていくべきだと思うが、一同に結集することが難しい状況がある。八重山の多彩な問題をどのようにして世代を超えてやっていけるかが課題だ」と述べ、市民間で連携した住民運動や政治活動、選挙運動と連携する必要性を強調した。
 
上勢頭氏、石垣氏はそれぞれの島で抱えるリゾート開発や観光に関する問題、山里氏は終戦後から現在までの環境変化、潮平氏は戦争マラリアと戦時中の状況などを紹介し、来場した各地の大学や市民団体の関係者らと意見を交わした。



関連記事
powered by weblio


スポンサーサイト



<< 琉球独立で平和な島に 尖閣は争い棚上げを | ホーム | 今日、琉球に帰国します >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP