FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『しまぬゆ1―1609年、奄美・琉球侵略―』の紹介

『しまぬゆ1―1609年、奄美・琉球侵略―』を紹介いたします。

本書の編集には、新元さんのほか、奄美大島に行った際にはいつも励ましていただいている親里さん、学生や私が常にお世話になっている、あまみ庵の森本さんや、環境ネットワークの薗さん等がかかわっています。

あと1年と2か月足らずで1609年から400年目となります。奄美諸島では島津軍に対して戦い、命を落とした住民の慰霊祭が行われるとともに、島津藩の侵略と支配を問う同書が出版されました。

いうまでもなく、奄美諸島は島津藩だけでなく、南の琉球王国からも侵略、支配されてきました。

歴史の重みと痛みを少しでも感じることができる感性が自分に残っているのかと常に振り返りながら、奄美諸島のことを考え、地域の方々と語ることができたらと思います。また自らが有する歴史性の罪深さをも考えさせられます。

南琉球の人間は1609年をどのように総括するのかが、奄美諸島によって問われているといえるのではないでしょうか。



「しまぬゆ」刊行委員会編 A5判並製 256ページ
定価2100円(本体2000円+税)

2009年、奄美・琉球侵略
四百周年を迎える。

1609年、幕府の内諾を得た薩摩島津軍は、奄美・琉球を侵略した。これを境に、琉球は日華両属を余儀なくされ、奄美は薩摩の植民地支配を受けることになる。

今、侵略四百周年を目前にして、シマ島から過去と未来を探る試みが始まった。


■内容(目次から)

巻頭言 山下欣一(鹿児島国際大学名誉教授)
特別企画 義 富弘(本誌編集委員)
「1609年、奄美・琉球侵略」

1南島と大和
2琉球王国
3奄美・琉球侵略の背景

4奄美・琉球侵略経過
5戦後処理

奄美・琉球と日本の歴史を解く


■編集委員
親里清孝、薗 博明、新元博文、森本眞一郎、
義 富弘、故藤井勇夫

南方新社ホームページより
スポンサーサイト



<< 国際開発学会沖縄大会のお知らせ(続き) | ホーム | 『アマシンダ』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP