FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日、琉球民族独立総合研究学会が発足します。

今日、琉球民族独立総合研究学会が発足します。独立についての学会が設立されるのは、琉球史上はじめてのことです。午後1時から記者会見、6時半から記念シンポを開催します。
「復帰」の日に新たな決意を持って、独立学会を設立し、琉球人による琉球人のための琉球人の主権回復のために、汗を流し、議論を積み重ね、平和的な脱植民地化の歩みを進めたいと思います。

皆様のご指導、ご鞭撻、ゆたさるぐとぅ、うにげーさびら。


945532_10151641450586800_136274656_n[1]

<< 香港の新聞に私のインタビューが掲載されました | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣 - 海鳴りの島から >>


コメント

琉球独立学会 応援します!

松島先生、琉球独立学会にはカルト宗教の問題に

対処するために「宗教に課税」する研究もお願い

致します、ヤマトの社会が混乱している原因が

ここにあります。

学会の今後に注目しております

はじめて訪問します。
ニュースで琉球民族独立総合研究学会の発足を知りました。私は琉球の人間ではありませんが、以前から、琉球民族には独立を含めて自分たちで決する自決権があると考えてきました。今もそう思っています。
沖縄と日本の歴史や未来について、多くの人々がもっと深く考え、よりよい結論を得て、その実現に向けて異体同心で歩んでいけるよう心から願っています。

Re: 学会の今後に注目しております

> はじめて訪問します。
> ニュースで琉球民族独立総合研究学会の発足を知りました。私は琉球の人間ではありませんが、以前から、琉球民族には独立を含めて自分たちで決する自決権があると考えてきました。今もそう思っています。
> 沖縄と日本の歴史や未来について、多くの人々がもっと深く考え、よりよい結論を得て、その実現に向けて異体同心で歩んでいけるよう心から願っています。

Re: 学会の今後に注目しております

励ましのお言葉感謝します。

> はじめて訪問します。
> ニュースで琉球民族独立総合研究学会の発足を知りました。私は琉球の人間ではありませんが、以前から、琉球民族には独立を含めて自分たちで決する自決権があると考えてきました。今もそう思っています。
> 沖縄と日本の歴史や未来について、多くの人々がもっと深く考え、よりよい結論を得て、その実現に向けて異体同心で歩んでいけるよう心から願っています。

民族独立でなく移民独立でいいですか

琉球独立を待望しています。しかし平和的でのんびりしているようで不安です。それでは独立できても琉球語など貴重な琉球民族文化が回復できないほど消滅してしまって、植民が複数の国を作って独立しているアングロサクソン人やスペイン人の移民国家のように、日本人国家が二つできるだけになりかねません。もし北海道独立すればアイヌ独立ではないのと同じです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP