FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の独立を目指し研究や議論を深める「琉球民族独立総合研究学会」が15日発足

沖縄タイムスに琉球独立学会の記事が掲載されましたので、ご紹介します。





琉球の独立を目指し研究や議論を深める「琉球民族独立総合研究学会」が15日発足した。日本から独立して軍事基地を撤去し、「平和と希望の島」を自らの手でつくり上げていくことが目的。設立委員会の友知政樹沖縄国際大准教授は同日、県庁で会見し「琉球民族が独自の民族として平和・自由・平等に生きる世を一日も早く実現させる」と趣意書を発表、多くの参加を呼び掛けた。夜には記念シンポジウムを開いた。

 研究内容は、独立の実現に向けたプロセスや独立後の経済政策、政治・行政・国際関係のあり方、琉球諸言語の復興など。沖国大の桃原一彦准教授は「独立しても古い国民国家の焼き直しになることを避けなければならない」と述べ、新たな国や社会のあり方を模索する重要性も強調した。

 会員は「琉球の島々にルーツを持つ琉球民族」に限定。友知准教授は「琉球民族自身が解放されるために難儀をすることが大事。排外主義ではない」と説明。龍谷大学の松島泰勝教授は「琉球を抑圧している日本側も、自分の問題として自覚するきっかけになる」と意義を話した。沖国大で開いたシンポには約250人が詰め掛け、西表をほりおこす会代表の石垣金星さんが「いま沖縄全体が危険な方向に向かっている。このまま子どもや孫たちに引き渡すわけにはいかない」と学会設立への思いなどを語った。

 学会は今後、独立を目指したり、独立した国や地域と交流、連携するなどの活動を展開する方針。10月に第1回の学会大会と総会を開き、共同代表も決める予定。

 問い合わせは同学会設立委員会、電話050(3383)2609。
スポンサーサイト

<<  琉球民族が独自の民族として平和・自由・平等に生きることができる「甘世(あまゆー)」を実現させるために | ホーム | 香港の新聞に私のインタビューが掲載されました >>


コメント

中国の植民地とも連携してください

参加資格のない大和民族ですが、琉球民族独立に希望を持つものです。

ACSILsが連携する国や地域は、隣国で大きな独立運動しているチベット・ウイグル・南モンゴルが抜けていませんか。かれらと連携すれば琉球独立支持していた中国(は差別用語で支那こそ中立用語ですが)は手のひら返して琉球も中国帰属と日本右翼と裏で手を組んで一緒の日中右翼同士であり中国脅威を煽るかもしれません。しかし琉球独立論者が中国のスパイとでっちあげは通じません。
中国の植民地を無視して琉中友好にするほうが得かもしれませんが、同じ立場、特にチベット王国と琉球王国は歴史的に大変共通点が多いです。
中国の植民地支配下の民族らとも連携してほしいです。

ちなみに、かりゆしクラブはウイグル独立支持・チベット独立支持とホームページにしっかり書かれています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP