FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

中日新聞のコラム


中日新聞のコラムをご紹介します。松浦先生、ご連絡感謝します。




沖縄が、本土復帰を果たしたのは、一九七二年五月十五日。なぜ日米両政府は返還をこの日にしたのか。軍国主義へと暴走する分岐点となった五・一五事件を思わせる日が、なぜ選ばれたのか

▼当時の外相福田赳夫氏は説明したという。「当初米側は七月一日を主張し、我々は(年度初めの)四月一日を主張したわけね。で、それではということで、足して二で割って五月十五日に決めたわけです」(新城俊昭著『高等学校 琉球・沖縄史』)

▼地元紙・琉球新報によると、真の理由は核だ。沖縄の米軍基地にあった核兵器撤去の都合で決まったというのだ。いずれにせよ、そこに沖縄の歴史的祝日を決めようとの真心は感じられない

▼復帰四十一年のきのう、独立のための研究や議論を進める「琉球民族独立総合研究学会」が発足した。琉球新報の社説は<必ずしも「独立」が県民の多数意見ではない>としつつ、問うた

▼<人間としての尊厳を傷つけるこの国の有り様を嘆き、悲しむ中で「日本に復帰すべきだったのか」「自己決定権を取り戻すには独立しかないのでは」といった意見を耳にすることが多くなった。県民は憤っている。深く悩み、悲しんでいる。日本にとって、沖縄とは何なのだろうか>

▼五月十五日とは、沖縄の痛みを無視したままで、ご都合主義的な対応を続ける、この国の体質を象徴する日なのか。
スポンサーサイト



<< 仏領ポリネシアを国連脱植民地化特別委員会の非自治地域リストに登録されました | ホーム | 琉球独立学の形成へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP