FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

住民主体の振興強調(琉球新報)

昨日の琉球新報に以下のような記事が掲載されましたので、ご紹介します。


住民主体の振興強調 松島准教授が「沖縄連続講座」
4月30日11時0分配信 琉球新報



松島泰勝龍谷大准教授が「米軍再編と沖縄の自立」と題して講演した沖縄講座=28日午後7時すぎ、横浜市のかながわ県民センター

 【神奈川】自治労横浜市従業員労組などでつくる「沖縄の自立解放闘争に連帯し、反安保を闘う連続講座」主催の沖縄講座が28日夜、横浜市のかながわ県民センターで行われた。市民ら約30人が参加した。

講師の松島泰勝龍谷大准教授が「米軍再編と沖縄の自立」と題して講演した。

松島准教授は米軍再編について「なぜ米海兵隊の移設先がグアムになったかというと、グアムが民主主義が制限された地域だからだ。

グアムの人々が反対しても米政府や議会の意向を一方的にグアムに適用できる。まさに沖縄県と同じ構図だ」と強調した。

 さらに沖縄の自立について「補助金に大きく依存し、基地が押し付けられている。復帰以降、政府主導のさまざまな振興策が進められたが、失業率は低いままで経済的な自立からはほど遠い」と指摘した。

「内閣府沖縄担当部局を廃止し、外から管理されず、自分たちの地域の特色に合った振興の方法を地域住民自ら考えていくことが大切だ」と話した。
スポンサーサイト



<< 入会のお礼 | ホーム | 関西沖縄文庫による5.15集会のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP