FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島1

5月10日から12日まで行われた、第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島の模様をこれからご紹介します。写真をクリックすると全体像が映ります。


IMGP3204.jpg
父が足が不自由でしたので、車いすで飛行機に乗りました。JTAのご配慮に感謝します。父も、踏ん張っても、ゆいまーるの集いに参加したいといってくれています。


IMGP3205.jpg
初めて新石垣空港を見ました。学生自体に白保新空港建設反対の闘いについて調べ、何回か白保に足を運び、地域の方からお話を伺ってきました。石垣の方々のサンゴを守ろうとした歴史をこれからも心に刻みながら、島について考えたいと思いました。


IMGP3210.jpg
空港で両親と、八重山そばを食べ、民宿に移動しました。近くを歩きました。民宿の前にパインの無人販売店があり、一個50円、100円と安く、おいしそうなパインが売られていました。島の豊かさを感じました。


IMGP3211.jpg
たあづくやー、という名前の民宿に泊まりました。田んぼ小屋という意味です。石垣では昔から稲作が行われていました。白保の豊年祭では、稲の一生という、住民が参加して劇のような、大変ユニークな踊りや行列をみたことがあります。白保の村としての一体性と、稲と村人との関係の深さ、村人同士の関係の強さを感じました。


IMGP3213.jpg
イノーです。海のマブイで力が蘇るような気がしました。日本国、沖縄県、石垣市はここに空港を作ろうとしたのです。村人は命をかけて、その開発を止めたのです。
スポンサーサイト

<< 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島2 | ホーム | スコットランドの独立と非核化 >>


コメント

琉球が日本から独立したら

琉球に侵略された八重山も独立させてください。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP