FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島2

IMGP3219.jpg
クリックして下さい。全体が映ります。

民宿に泊まっている参加者全員で、しらほサンゴ村にいきました。同施設は白保に新空港建設案が議論されていたころから設置された場所であり、白保のサンゴと人との関係について調査し、地域おこしのための活動を促している場所です。現在も珊瑚礁に赤土が流失している事実を丹念に調査し、住民に知らせています。



IMGP3222.jpg
初日の交流会です。7年前の「島が危ない」というシンポジウムで招かれて話をさせていただいたときからお世話になっている、新垣さんです。現在でも活発に住民運動のリーダーとしてがんばっておられます。市役所の前に「島そば一番」という店の店主であり、とてもおいしい八重山そばを食べることができます。左の方は目取間さんです。ご親戚に石垣の方がおられると語って下さいました。右は私の父です。杖をついて参加してもらいました。
石垣出身です。

IMGP3223.jpg

右から岩高牧師、齊藤さん、西浜さん、私の母です。今回は、関西沖縄戦を考える会のメンバー3人が集いの参加して下さいました。大江裁判後、現在も精力的に琉球の戦争や平和について議論をされています。齊藤さんは、石垣の後、新元さんと与那国島に行きました。母も石垣出身です。

IMGP3225.jpg
左から藤原社長、石坂さん、新元さん、加藤さんです。


IMGP3226.jpg
手前の方は竹富島からこられた上勢頭さんです。最初の夜の交流会でしたので、互いに自己紹介をして、お話をしました。とてもおいしい料理でした。泡盛は、宮良の宮之鶴という名前の酒でしたが、風味があり、腹蔵に沁み渡りました。


スポンサーサイト

<< 学問としての琉球独立論 | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP