FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「琉球を物扱いしないでほしい」

第一財経日報に掲載された私のインタビューの日本語要約版がでましたので、ご紹介します。




「琉球を物扱いしないでほしい」沖縄独立派の大学教授が日中両国に提言―本日の中国TOPニュース
Record China 5月28日(火)22時50分配信



28日、日中間で尖閣諸島の領有権問題がくすぶる中、中国側が沖縄県そのものの独立に言及してきた問題で、沖縄のある大学教授が「日中両国とも、琉球を物扱いしないでほしい」との主旨の発言をした。資料写真。
2013年5月28日、日中間で尖閣諸島の領有権問題がくすぶる中、中国側が沖縄県そのものの独立に言及してきた問題で、沖縄のある大学教授が「日中両国とも、琉球を物扱いしないでほしい」との主旨の発言をした。中国・光明網の報道。

【その他の写真】

龍谷大学経済学部教授で、今月15日に共同代表者として「琉球民族独立総合研究学会」を設立したばかりの松島泰勝氏はこのほど、中国紙・第一財経日報の特約記者による取材に応え、沖縄(琉球)独立に対する考え方を述べた。以下はその要約。

今月8日、中国共産党機関紙・人民日報は「歴史上、未解決となったままの琉球問題を再び議論する時が来た」として、沖縄県が日本に帰属する現状に疑問符を投げかけた。これについて抗議する日本、その抗議を一蹴する中国、互いに立場を譲らない状況だ。その1週間後にあたる15日、前出の琉球民族独立総合研究学会が設立を宣言し、その翌日には中国紙・環球時報が「中国の民間は独立学会を支持すべきだ」とする社説を発表した。

以上の背景から、“琉球独立”を掲げる活動団体は「中国の影の支援を受けているのではないか?」との憶測を一部で受けているが、松島氏は「中国との関係は一切ない、援助もまったく受けていない」と断言する。同時に、学術方面においては今後、中国側とも交流を図っていく意向だとした。

もちろん、客観的に見て、沖縄独立は依然として極端な選択肢であることには変わりないし、世論の強力な支持を得ているわけでもない。

しかし、それでも松島氏は「琉球を物扱いしないでほしい」と主張する。「日本は第二次大戦中、沖縄を犠牲にし、戦後は本土の平和と安定のための切り札として利用した」とし、中国に対しても、同じような見方を示している。「日中関係の緊張に乗じて、『琉球は中国に帰属する』と主張する者がいるが、琉球は中国の属国ではないし、中国にも琉球を物扱いしてほしくはない」と発言した。「琉球各島に住まう1人1人が琉球人なのです。我々は公正に扱われることを望みます」と結んでいる。(翻訳・編集/愛玉)

※<本日の中国TOPニュース>では、中国の大手主要ポータルサイトによるニュースアクセスランキングから、注目の一記事をピックアップする。本記事は2013年5月28日付の中国大手ポータルサイト・新浪(Sina)のランキング5位の記事。
スポンサーサイト

<< 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 6 | ホーム | 第一財経日報のインタビュー記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP