FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 6

IMGP3246.jpg
新元さんと石坂さんです。新元さんはこれまで長年、奄美独立を主張されてきました。改めてその存在の重要さ、大きなを感じています。石坂さんがされている「あじまーの会」の会報が昨日私のところに届きましたが、法政大学での講演会について書かれてありました。末吉さんはじめ、関係者の方に感謝します。


IMGP3247.jpg
朝ご飯を食べて、ゆっくりしているところです。民宿では同宿の者同士で語り合うなど、交流ができていいです。同じ宿に泊まっていた新婚の夫婦と私たちのメンバーが夜遅くまで楽しく語り合ったそうです。旅での語らいは深く心に残りますね。


IMGP3248.jpg
会場は石垣市民会館会議室です。9時ごろ到着して、皆で椅子や机を配置しました。石垣の空気を吸いながら、島の方々からお話を伺い、議論をいたします。


IMGP3250.jpg
最初に主催者として私と藤原社長が挨拶と話をさせていただきました。島の方々から貴重なお話を伺うことのできることへの感謝、そして議論の内容を自分が生活する場に持ち帰り、そしてそれぞれの自治的活動を行う。またそれぞれの島についても忘れず、脱植民地化運動のための支援等を行うというのが私たちの会です。どこの大きな団体からも金銭的支援をもらっていません。参加者は手弁当で参加し、報告者も無償で参加します。


IMGP3251.jpg
最初に竹富島の上勢頭さんが、島の現状そして、星野リゾートの進出を公民館が認めた歴史的経緯、島の自治的活動等を話して下さいました。当事者のお一人であることから、報道されている内容よりも深い、具体的な話を聞くことが出来ました。星野方式が本当に有効であるのかを、他の島のリゾートとも比較しながら検討していきたいと思います。
スポンサーサイト

<< 桃原一彦氏を招いての研究会開催 | ホーム | 「琉球を物扱いしないでほしい」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP