FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 8

IMGP3259.jpg
これはマラリアで亡くなった島人を運んでいる絵です。日本軍がマラリア有病地対への移動を命じたにもかかわらず、現在まで日本政府による謝罪や賠償は行われていません。私の母も戦争中、マラリアにかかりました。場合によっては私はこの世に生れていなかったかもしれないことを思うと、石垣島における戦争は私自身にとっても許せないものであると言えます。


IMGP3261.jpg
3000人以上がマラリアの犠牲になりました。キニーネというマラリアの薬が不足していたことも犠牲を大きくしました。戦後、日本軍将校の宿舎には膨大なキニーネが隠されていたそうです。これが使われていたが多くの島人の命が救われていたと思います。


IMGP3264.jpg
マラリアに罹患した人が収容された簡易病院です。当時の様子が目の前に浮かぶようです。


IMGP3265.jpg
石垣島にも朝鮮人の慰安婦、軍夫がおられたそうです。慰安婦は台湾経由で石垣島に連れてこられたようです。朝鮮人軍夫が日本軍人に非人道的な扱いをされた様子を子供であった潮平さんが直接、目撃したと語られました。朝鮮と琉球との戦争中の関係史について思いを巡らしました。


IMGP3266.jpg
現在の石垣島では、尖閣諸島問題、教科書問題等にみられるように、国と島との関係で非常に危うい社会的情況が生まれています。軍隊は住民を守らない、戦争が島で起これば、住民が犠牲になるという歴史的事実をもう一度、確認したいです。

<< 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 9 | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP