FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 10

IMGP3277.jpg
白保からは宮良市会議員も参加して下さいました。事前調査において、宮良さんにお会いして、是非、白保の話をして下さいとお願いしてましたが、約束を守り、貴重なお話をして下さいました。白保の人々の空港建設に至るまでの様々な苦悩をお聞きしました。その苦悩を踏まえて、現在の地域おこし活動があるのだと思います。


IMGP3275.jpg
石垣出身の父も質問しました。気象台で働いていた父の仕事の関係では私は、石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島で生活することができました。自分の幼少期の体験が今に生きていると思います。感謝しています。両親から石垣的なモノを受け継ぎました。


IMGP3278.jpg
次に新垣さんが現在の石垣における住民運動のありかた、市政の問題性、教科書問題、尖閣諸島問題等について報告されました。島外から様々な圧力、影響にさらされ、石垣島の自治が危機的な状況に追いやられています。島の内外から生まれている困難に抵抗し、平和な島をつくろうとしている人々の活動や、島の状況をもっと多くの方に伝えていきたいです。


IMGP3279.jpg
奄美大島から参加された新元さんも、枝手久闘争の経験を踏まえて、石垣島での平和を求める活動について発言し、互いに励まし合いました。


IMGP3280.jpg
最後に西表島から参加した金星さんが報告されました。最初に新石垣空港を巡る裁判について話され、西表島のユニマット開発の問題と現状、竹富町教育委員会による日本国政府への抵抗等について語られました。人口約4千人の町が正義に基づいて堂々と、日本国と闘っており、大変、励まされました。日本国の琉球に対する無謀さ、過酷さが竹富、石垣、与那国から見えてきます。しかし、島に琉球人が生きている限り、琉球人による琉球人のための琉球人の自己決定権の行使がいつまでも続くでしょう。
スポンサーサイト

<< 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 11 | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 9 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP