FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 11

IMGP3281.jpg
金星さんとは2010年に「琉球自治共和国連邦独立宣言」を作成し、世界に向けて琉球独立を宣言したことがあります。本ブログに、日本語版、英語版、フランス語版、イタリア語版、中国語版にありますので、見て下さい。また上智大学の先生によってエスペラント語にも訳してもらいました。
金星さんは西表島は明日からでも日本から独立できる島であると言っています。生活に根差した力強い独立への意思です。



IMGP3282.jpg
テーブルの奥の方におられる目取真さんも各報告者に対していろいろと質問して下さいました。伊江島、徳之島について3度目の、ゆいまーるの集いへのご参加です。


IMGP3283.jpg
集いが終了し、潮平さんのご案内で近くの公園にある、日本国憲法9条の石碑をみました。日本政府は、この9条を廃止しようとしています。復帰運動をされた多くの琉球人は平和憲法を求めていたのですが、今、その憲法を日本政府はなくそうとしているのです。改めてあの「復帰」とは何であったのかが問題となります。琉球人の新たな目標として独立が具体的な選択肢として今、議論されるようになりました。


IMGP3285.jpg
この石碑の設立には潮平さんが関わっております。平和を求める石垣島の人々の気持ちが込められたモニュメントです。


IMGP3286.jpg
雨が降る中、潮平さんは石垣島における平和の大切さを力説されていました。
スポンサーサイト

<< 日本平和学会の琉球分科会において、桃原さんと大城さんが報告されます | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 10 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP