FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 12

IMGP3288.jpg
石碑には平和の象徴ハトのレリーフがあります。


IMGP3289.jpg
皆で雨の中、潮平さんの話に食い入るように聞きました。外で島の戦争と平和の話を島の空気を吸いながら、現在の島の様子を見ながら聞くことも大切だと思います。


IMGP3290.jpg
この石壁は、石垣気象台の塀であり、戦争中に米軍機の弾痕が残っています。マラリアだけでなく、機銃掃射でも島人が犠牲になりました。石垣気象台は私の父が働いていた職場でもあり、民俗学者としても有名で、「風のうしゅまい」としてNHKのドラマにもなったな岩崎卓爾が気象台台長をしていた場所でもあります。


IMGP3292.jpg
島そば一番で交流会をしました。参加者一人一人改めて自己紹介をしました。新元さんも今回の集いに参加され、奄美大島との比較を通じて考えたことを語りました。奄美大島から船、車、飛行機を乗り継いで毎回参加して下さり、本当にありがたいです。


IMGP3293.jpg
私の父も足が不自由ですが、自分の出身地である石垣島での集いに参加できて大変感慨深かったと述べました。久しぶりの石垣の食べ物、泡盛も楽しむことができたと思います。次の日は、親せきのおじさん、おばさんがおられる介護施設、家等を訪問し、親戚同士の交流を深めました。

スポンサーサイト

<< 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 13 | ホーム | 日本平和学会の琉球分科会において、桃原さんと大城さんが報告されます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP