FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 13

IMGP3294.jpg
交流会では、アイヌ民族の川村さんとそのお仲間が合流しました。金星さんのご案内で西表島に行かれると聞きました。左の方がアイヌ民族の唄を歌って下さいました。


IMGP3295.jpg
川村さんとは1年ぶりでした。昨年5月、沖縄島で行われた「復帰」に抗議する集会にグアムのチャモロ民族と一緒に行ったとき、アイヌ民族とチャモロ民族との話し合いの時に、通訳をさせていただきました。グアム大学のマイクさんは、アイヌ民族団体の旗をもらい、大切にしていました。


IMGP3296.jpg
山里さんは語り方はやさしいですが、島に足をつけてしっかりと、島の自然、しまんちゅの生存や権利を守るための闘いを続けておられます。とれも励まされます。


IMGP3297.jpg
潮平さんのお話の中で、琉球独立を島の経済の観点から話して下さったことも大変、印象に残りました。また平和の大切を子供たちに伝える活動もされています。石垣の子供たちは育鵬社の教科書で勉強をしていますが、島人からの話しをしっかり心にとどめてほしいと思います。


IMGP3298.jpg
三木さんとも久しぶりにお会いしました。西表島で金星さんと協力して炭鉱に関する記念碑を設立するための活動をされているとのお話を伺いました。また琉球とニューカレドニアとの友好活動にも精力的に取り組んでいます。ニューカレドニアの琉球人についての歴史について伺いました。三木さんがかつて、新聞記者であったころ、太平洋諸島を取材し「オキネシア」という本を出版しましたが、太平洋の島々と琉球をと結ぶ活動を実際に行っており、すばらしいと思います。
スポンサーサイト

<< 『潮流』 「沖縄独立論」の今 | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP