FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

近況のご報告

4月より、京都のアパートで生活しています。龍谷大学経済学部において、地域経済論と、民際学等を教えております。

地域経済論では、琉球、太平洋諸島の具体的事例をつかいながら、島嶼経済の問題と可能性についての講義をしています。

現在、授業の終わりに琉球のビデオをみせていますが、特に戦後琉球の歴史に関する映像に対して、学生は初めて知る歴史であり、びっくりしているようです。質問や意見も毎回でて、私も勉強になります。

ゼミの授業でも、琉球や太平洋島嶼、身近な地域について、学生と討論、実地体験を中心に「現実と格闘」するような内容にしたいです。

大学院には、民際学研究コースがあり、私はこのコースの担当者の一人です。民際学とは、中村尚司さんがつくられた新しい学問です。

これまでの社会科学を批判し、当事者意識をもって、国境を超える様々な諸問題を解決する担い手をつくりだすことを目的とした、実践的な学問です。

研究者だけではなく、地域の住民とともに、諸問題について考え、人間の関係性を重視しながら、問題に取り組むことを目指す、大学院です。

研究者だけでなく、地域社会のリーダーをも教員として迎えて、より現実に対応した教育の実現を進めています。

琉球の自治でも、生活している個々人の生き方が問われていますが、大学の授業をとおして、地域の自治について、学生と考え行動したいと思います。

来年度から、社会人向けの1年で修了できるコースも設ける予定です。

現在、家族は静岡に住んでおり、毎週末、静岡に帰る生活が続いています。6月中旬には滋賀県に
定住する予定です。

4月から、あわただしい日々をおくっていますが、新しい生活の場において、琉球について考え、実践していきたいと考えています。

スポンサーサイト



<< 湊さん、上田さんの歌と詩のコラボレーション | ホーム | 入会のお礼 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

パラオの国旗について

パラオの国旗について
右翼団体が日の丸を元にしていると紹介し
インターネットで広がっています
一部の学者もそれを信じているようです

パラオ大使館の人は苦虫を噛み潰したような応答でした
日本から多額の援助を受けているだけに

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP