FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 15

IMGP3305.jpg
交流会の最後に新垣さんが、山里さんとの掛け合いで石垣のジラバを歌いました。お二人のジラバは深く私の心に残りました。お二人の、そして、これまで石垣島に生きてきた琉球人の歴史や文化が一つの唄に込められたものでした。島の強さを体全身で感じました。



IMGP3306.jpg
山里さんも、石垣島がこれまで受けてきた外からの暴力に対する島民の悲しさが、せつない唄声で表現されました。またこれらの暴力に屈しない島民の独立心、抵抗力をも唄から教わったように思います。



IMGP3308.jpg
新垣さんは三線も弾いて下さいました。新垣さんは社会大衆党で活動をしたいたころ、東京で三線を弾きながら選挙活動をしていた様子を新聞で見たことがあります。それほど新垣さんは琉球の文化を愛し、文化で琉球の政治を変えようとしていたと思います。琉球民族独立総合研究学会の発足シンポジウムの最後に、金星さんがデンサー節を歌って下さいました。琉球の唄は琉球人の心を揺り動かす力を持っています。


IMGP3309.jpg
翌日は母の日でした。私たちが宿泊した白保でも掲示板に母の日を祝う言葉がありました。白保は心温まる成人式でも有名な場所ですが、地域のいたるとこに、人間の愛を感じることができます。


IMGP3310.jpg
その日は、両親とともに親戚にご挨拶をしましたが、その間をぬって、介護老人ホームの前で、琉球独立について八重山日報のインタビュー取材を受けました。翌日、新聞の一面に掲載されました。様々な立場の人が、冷静に琉球独立について考えてほしいと思います。

記事は次のウェブサイトで見ることができます。
http://www.yaeyama-nippo.com/2013/05/13/琉球独立で平和な島に-尖閣は争い棚上げを-市出身の松島教授提唱/
スポンサーサイト

<< 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 16 | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 14 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP