FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 16

IMGP3311.jpg
集いが終了した次の日の朝、参加者で集まり、今回の集いの総括を行いました。それぞれが、それぞれの立場で石垣島の戦争の歴史、現在の国との闘い、市行政批判、平和な島づくり、そして西表島や竹富島における琉球人の島を守る活動等について発言しました。この集いで学んだことを、どのようにまた八重山の島々の平和のために還元し、また自分が生きる地域の平和に活かしていくかが、それぞれの参加者に問われています。


IMGP3312.jpg
齊藤さんと新元さんはこの後、与那国島に行き、田里さんを中心とする自衛隊基地反対の住民と会い、話を聞き、励まし合ったそうです。また参加者の中には、潮平さんや三木さんの案内でさらに島の各地を回って、学んだ方もいました。


IMGP3313.jpg
たあずぐやーの民宿にあった花です。民宿のあんまーとも親しく話をすることができました。ホテルよりも島の民宿の方が、いろいろと島のことが学べていいですね。帰りには全員に黒砂糖のお土産まで頂戴しました。みーふぁいゆー。


IMGP3319.jpg
石垣新空港のターミナルに飾られていた、クバの葉で作られた、おそらく、カンムリワシです。前のターミナルも味わいがありましたが、新ターミナルでは、人と人との交流ができる空間も多く、非常ににぎやかな、楽しい気持ちになりました。


IMGP3320.jpg
父母と一緒に生まれ島、石垣島に来て、集いでも多くのことが学べ、また親戚の方々にもお会いすることが出来ました。その時、丁寧に運転し、一緒に親戚の家を探してくれたタクシー運転手の方にも感謝したいです。父を車いすに乗せ、座席の場所等、JTAのキャビンアテンダントの方々にもご配慮を頂き、お礼を申し上げたいです。今回の集いでは多くの方の自治的精神のおかげて実施することができました。改めて感謝したいです。みーふぁーゆー。
スポンサーサイト



<< 香港フェニックステレビのインタビュー記事 | ホーム | 第13回ゆいまーる琉球の自治in石垣島 15 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP