FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

湊さん、上田さんの歌と詩のコラボレーション

先日、大阪西成区のココルームで開かれた、港さん、沢さん、TEERさんのライブと、上田さんの詩の朗読会に行ってきました。

湊さん、上田さんとは昨年の奄美大島の集い以来の、再会でした。

非常に和やかな雰囲気で楽しいライブでした。一曲、一曲に言葉の力を感じました。言葉の可能性を実感じた時間でした。湊さんが奄美大島でつくられた唄もうたいました。

上田さんと、港さんとのコラボレーションのテーマは、奄美大島宇検村平田でした。

浜に建設されたコンクリートの護岸に対面する若者の魂の叫びでした。人の声、パーカッション、ギター、スライド・ギターが、島の人の気持ち、重い、思想を表現していました。奄美大島で私が感じ、考えていたことが、音楽と詩によって「形」になったとも思いました。

ココルームは上田さんが主宰する、人と人がつなぎ合うための場所です。飲み物、食べ物も食することができます。近所のおじたんたちも気軽にこれる、なじみやすい空間です。

上田さん自身が詩、芸術による、就業支援、社会参加‥、社会から切り離された人を、もう一度社会や人とつなぐこころみを、地域住民、行政、大学‥とともに行ってきました。最近、『こころのたねとして』という本も出されました。

港さんのCD『声とギター』も買いました。世間で流行しているラブソングにはない、聞いた後に考えさせ、思いにふけさせるような、深さをもった唄だと思います。聞きごたえのあるCDです。

今日、5月9日、名古屋、新栄のカフェ・パルルでライブが行われます。

9時40分にライブがおわり、急いで地下鉄、京阪本線にのり、京都のアパートに到着した時は、11時になっていました。普段の忙しさから解放され、琉球の島に戻った時ような、気持ちよさを感じながら寝ました。

ライブの写真を載せます。


IMG_3619.jpg
ココルームです。入口に多くの人権運動、都市問題‥に関する、チラシ、ポスターがあります。地下鉄御堂筋線をでて、アーケード通りを歩くと左手にあります。

IMG_3617.jpg
コラボレーションが始まる前です。このあと、港さんがパーカッションを打ち、会場は詩と音楽に満たされ、奄美大島の若者の魂の叫びが響き渡りました。




スポンサーサイト



<< NPO法人理事会の開催 | ホーム | 近況のご報告 >>


コメント

同じ考えです

それ↑同感です。ご立派!
これから、応援させてもらいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP