FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人同士で語り合った大阪での夜

先週の土曜日は大阪大学で開催された日本平和学会の、「琉球分科会」において桃原さんと大城さんがご報告して下さいました。会場には40人近い参加者がおり、質問や意見も多く出され、大きな関心がもたれた分科会となりました。

桃原さんは琉球におけるポストコロニアリズムのターゲットに琉球人若者がなっている状況を詳しく説明され、日本や日本人の問題性を深くえぐりだしました。

大城さんはディエゴガルシアという島の住民が、基地を作るために強制的に移住させられ、その後の英米両帝国に対する土地返還運動の意味について報告し、インド洋にある島嶼の植民地主義を琉球と比較しながら考えることが出来ました。

学会が終了して、大学近くの焼き鳥店で他の琉球人の仲間を待ちながら、ゆんたくをしました。長く日本に住む狩俣さんが宮古島の話し方で宮古島の話をされたのが印象にのこっています。

その後、皆で関西沖縄文庫に移動し、文庫内で金城さんから文庫の最近の活動を聞きました。そして近くにある、ピナイサーラという琉球居酒屋に行き、交流会をしました。

そこで、大阪に住んで30年以上の琉球人女性から、「自分は琉球人である」とはっきりと自覚したと聞いて、大変、感動し、勇気をもらいました。ご自分の気持ちを全国紙でも表明され、琉球人として生きる一貫として、大城さんの国際法の勉強会にも参加しているそうです。

皆で、桃原さん、大城さんのつかれのーしをし、琉球人同士のつながりを深めることができた夜でした。
スポンサーサイト

<< 琉球民族独立総合研究学会 設立趣意書 | ホーム | 「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP