FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立へ高まる関心/学会の研究深化に期待

沖縄タイムスの論壇に掲載された金城先生の論考を紹介します。金城先生は本学会の発起人、会員にもなって下さいました。ともに独立について真摯に議論しましょう。




[論壇]/金城一雄/琉球独立へ高まる関心/学会の研究深化に期待
2013.05.26  


 5月15日・復帰の日に「琉球民族独立総合研究学会」が設立された。

 設立の目的は「琉球の島々にルーツを持つ琉球民族の琉球民族による琉球民族のための学会であり、琉球の独立が可能か否かを逡巡(しゅんじゅん)するのではなく、琉球の独立を前提として、琉球の独立に関する総合的な研究を行うとともに、会員の研究成果の発表と相互交流を通じて、琉球の独立に資すること」(会則第2条)にある。

 また設立趣意書では、「琉球民族は本来、ネイション(民族、人民)であり、国際法上で保障された『人民の自己決定権』を行使できる法的主体である。琉球の地位や将来を決めることができるのは琉球民族のみである。(中略)琉球は日本から独立し、全ての軍事基地を撤去し、新しい琉球が世界中の国々や地域、民族と友好関係を築き、琉球民族が長年望んでいた平和と希望の島を自らの手でつくりあげる必要がある」と明記している。

 同学会の特色は、研究にとどまらず、琉球独立を大前提として、その実現のための研究と実践課題の遂行にある。解決すべき実践課題と研究を架橋せんとする学会は他にも在るが、琉球独立を至高の目的とする学会の設立は初めてである。

 準備会で共同代表を務められた男女5人は、いずれも30~50代前半の働き盛りであり、何よりも海外での研究、生活歴を有していることが頼もしい。これは国際的なネットワーク構築や国連等との連携を図る際には必ずやプラスに作用する。

 会員資格は「琉球の島々に民族的ルーツを持つ琉球民族に限定」(第4条)されるが、研究者だけでなく誰でも入会できる。「琉球民族に限定」することについては「排外主義」との批判もあるが、「民族の自己決定権」の視点に立つならば、当面は限定的であってもよい。ただし、賛助会員制度の導入等、正会員以外の参加に工夫が必要だろう。

 設立発起人は70人、職業も多様であると聞く。また設立シンポへの参加者も激しい雷雨の中にもかかわらず250人に及び、独立への関心の高まりがうかがえた。

 いよいよ琉球独立論は、「居酒屋談議」を脱し、学術的論議を深めつつ、重荷を背負いながら旅立つことになる。私は居酒屋談議を否定する者ではない。英国ではパブ(大衆酒場)での論議・発信が社会的大改革への導火線となりえた。問題は確かな知見と情報が共有されることだ。発足した独立学会が広く県民に開かれ、研究を深化させつつ、内外への広報を充実していかれるよう望みたい。(沖縄大学教授、浦添市、64歳)

沖縄タイムス社
スポンサーサイト

<< 柳原銀行記念資料館と琉球 | ホーム | 怒り、落胆 高まる反発/独立論に新たな芽 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP