FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新川明さん/持続性ある独立論に喜び

沖縄タイムスの[魚眼レンズ]の記事をご紹介します。


新川明さん/持続性ある独立論に喜び 2013.05.20  
 
琉球民族独立総合研究学会の設立シンポジウムであいさつに立ったジャーナリストの新川明さん(81)。これまでの独立論を概観し、終戦直後の高まりと復帰運動のために失われていったこと、1968年の主席公選で独立を訴えた候補は「全くの泡沫(ほうまつ)だった」ことなどを振り返り、その後も“居酒屋独立論”などと評されるなど、持続性の乏しさを分析した。

 だからこそ「若い研究者中心というこれは全く新しい動き。具体的で有効、持続性のある動きになったことに心から喜んでいる」とあいさつした。

 その後に講演した石垣金星さんが「新川さんの97歳のカジマヤーまでには(独立の)めどをなんとかつけたい」と語ると、会場からは大きな拍手が起こった。沖縄タイムス社
スポンサーサイト

<< 琉球独立学会/選択広げる研究深めよ | ホーム | “我是琉球的爱国者,不是国粹主义者”——松岛泰胜访谈 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP