FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

定期市によるまちおこしの可能性


明日、京都市内において、私の研究室で学んでいる内モンゴル出身の李君が報告をします。ご関心がおありの方はお越し下さい。



第2回柳原フォーラムのご案内 柳原銀行記念資料館 事務局長 山内政夫

 柳原銀行記念資料館では、2012企画展「営々たる崇仁のまちづくり~京都駅東かくあるべし、エリアマネジメント」を通して、地域のまちづくりには、そのまちに関する歴史研究が欠かせないということを再認識しました。そして、まちづくりと歴史を架橋する「場」や「メディア」のコーディネートが重要であると考えています。

 このような成果を受け、兼ねてから崇仁地区のまちづくりにご協力頂いている龍谷大学の松島泰勝先生と松島ゼミの学生と共同し、歴史とまちづくりに関するフォーラム(研究会)を共同開催することになりました。柳原銀行記念資料館の展示などを通じてその成果を発信し、松島ゼミの実践的(民際学的)な場としての役割を果たそうとするねらいです。

 第2回は、龍谷大学で、中国の定期市によるまちおこしについて研究をされている李文闊さんに、崇仁地区における定期市によるまちおこしの可能性についてご報告して頂く予定です。どなたでもご参加頂けますので、どうぞお越しください。

日時:2013年6月29日(土) 午後5時~午後7時
場所:京都市下京いきいき市民活動センター、参加費:無料
テーマ:定期市によるまちおこしの可能性

講師:李文闊さん(龍谷大学大学院経済学研究科博士課程)
主催:柳原銀行記念資料館・龍谷大学松島ゼミ

Tel/Fax:075-371-8220 E-mail:yanagin@mbox.kyoto-inet.or.jp
スポンサーサイト

<< 定期市によるまちおこしの可能性 | ホーム | 琉球独立学会/選択広げる研究深めよ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP