FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立 学会を設立/抑圧からの解放訴え/発起人らがシンポ

5月16日の琉球新報の記事を紹介します。独立学会はまさに琉球人が日本国家による抑圧から平和的に解放されるための場であり、手段であると思います。



琉球独立 学会を設立/抑圧からの解放訴え/発起人らがシンポ
 正式発足した琉球民族独立総合研究学会の設立記念シンポジウム「5・15琉球の独立を求め、決意を新たに」(同会設立準備委員会主催)が15日、宜野湾市の沖縄国際大学で開かれた。同会の発起人に名を連ねる3氏が講演。沖縄を抑圧し続ける日本国家からの決別を訴えた。講演会後、主催者から設立意義や、学会の今後の方針が示された。

 設立を祝うあいさつで、ジャーナリストの新川明氏は「学術的なところで独立に向けた動きが出ることはうれしい」と話した。

 リゾート開発への反対運動に取り組んできた西表をほりおこす会代表の石垣金星氏は、与那国への自衛隊配備などに触れながら、日本への復帰で幸せになれるというのは幻想だったと振り返り、「これ以上我慢してはいけない。そのためにも独立の道を開かなければならない」と語った。

 国際平和学が専門で沖国大学非常勤講師の安良城米子氏は、戦争での被害や米軍基地で日常生活を脅かされている現状は、明治時代に日本に併合された「琉球処分」が源流と指摘。欧米の文献を基に併合以前の一時期の琉球が、武力のない平和国家として存在したことを紹介し、目指すべき社会像を提示した。

琉球弧の先住民族会代表の宮里護佐丸氏は講演全てをウチナーグチで語った。中国紙に掲載された論文が「琉球は中国の属国」と報道されたことに「論文を読むと、属国とは書いていない。このように報道するヤマトのメディアは信じられない」と語った。
スポンサーサイト

<< 人民日報「琉球」論文 県内複雑/日本が武力併合 事実/中国の属国ではない | ホーム | 琉球の独立を研究することも琉球人が有する権利の一つです >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP