FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

御願に始まる自決権

5月2日の琉球新報のコラムをご紹介します。親川さんは、琉球人の日常生活の中にある自己決定権行使を語って下さいました。



<あしゃぎ>御願に始まる自決権

 15日発足の「琉球民族独立総合研究学会」の共同代表に就任予定の親川志奈子さん(オキスタ107共同代表)=写真=が、4・28を前に行われたシンポ「琉球の主権回復を考える」に登壇。会場からしまくとぅば継承に取り組む理由を問われると、「清明の季節ですが皆さんは何語で御願しますか」と問い返した。

 「私が日本語で御願することを、うやふぁーふじは悲しい気持ちで聞いているのではと考えた。私が後世に行って、子孫が外国語で語り掛けてきたらやっぱり複雑な気持ちになると思う」と話し、生活に根差したアイデンティティーのまなざしから、「民族」「独立」といったこわもてなイメージを和ませた。

 4・28どころか5・15の体験もない復帰後生まれ。しかし留学したハワイで、先住民が自らの歴史や文化の復興のため日常的に運動を繰り広げていることに感化された。

沖縄の現状に「今のままでは抑圧者の歴史を非抑圧者が生きることになる」と警鐘を鳴らし、「沖縄問題は国内問題でしかないと考えるのは無意識の差別だ。沖縄は独立する選択肢も持っている」と自己決定権の回復を訴えた。 
スポンサーサイト

<< 独立へ プロセス議論/沖縄の主権考えるシンポ | ホーム | 人民日報「琉球」論文 県内複雑/日本が武力併合 事実/中国の属国ではない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP