FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

独立へ プロセス議論/沖縄の主権考えるシンポ

4月28日の沖縄タイムスの記事です。10月にエドさん、マイクさんが琉球に来れれる予定です。チャモロ人とのゆいまーるが大変、心強いです。


独立へ プロセス議論/沖縄の主権考えるシンポ
 【宜野湾】琉球民族の独立を目指す「琉球民族独立総合研究学会」の設立準備委員会は27日、宜野湾市の沖縄国際大学で国際シンポジウム「4・28を前に琉球の主権を考える」を開いた。同準備委のメンバーやグアム大学の教員らがパネリストを務め、「自ら正義のある国をつくる時期に来た」などと訴え、独立へ向けたプロセスなどを議論した。

 龍谷大学の松島泰勝教授は「安倍首相のいう主権は米国の影響を受け、与えられた『主権』だ。一方で、琉球は生命、財産を守るために闘ってきた」と強調。「琉球が主権を回復すれば、自己決定で基地を撤去できる」と訴え、5月15日に同学会を設立し、独立に向けた住民投票の準備などに取り組む決意を示した。

 琉球の自己決定権などについて研究する「オキスタ107」の親川志奈子共同代表は「日本が主権を持つことは琉球にとっては植民地支配を意味する」と憂慮。沖国大の桃原一彦准教授は「沖縄戦や米軍統治などの屈辱の経験を記録、継承することで沖縄社会、政治のあり方を構築する必要がある」と述べ、新しい国の形、独立の形を模索する必要性を訴えた。

 グアム政府脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス事務局長やグアム大のマイケル・ベバグア教員らは「独立は孤立ではない。自分たちで世界の国々とネットワークを広げることができる」と連帯に期待した。

(写図説明)琉球の主権回復や独立について語るパネリストら=27日午後、宜野湾市の沖縄国際大学
スポンサーサイト



<< <4・28「主権」を問う フォーラム 識者インタビュー> | ホーム | 御願に始まる自決権 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP