FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<4・28「主権」を問う フォーラム 識者インタビュー>

4月18日の琉球新報の記事をご紹介します。友知さんは、日本の「主権回復」が偽りの主権回復であること、琉球の主権回復つまり独立が、脱植民地化のための解決策であると明確に指摘しています。



<4・28「主権」を問う フォーラム 識者インタビュー>2/友知政樹氏(沖縄国際大准教授)/愛国心高揚する戦略


 -4・28の政府式典開催をどう捉えるか。

 「正式名称は『日本の主権回復・国際社会復帰を記念する式典』だが、果たして日本は主権を回復したのか。日米地位協定や米軍犯罪など被害を受けている沖縄の現状を考えると理解不能だ。真の主権を勝ち取ったのではなく、日本にとって偽りの主権を与えられた日なのではないか。主権とは何か、国際社会に復帰したという意味は何か。政府や多くの日本人に問いたい」

 -「偽りの主権」とは。

 「米軍基地のない地域は直接、日常的に被害を受けておらず、それを沖縄に差別的に集中させることによって主権を回復したと勘違いしている。気付かない人もいるかもしれないが、多くの日本人は気付かないふりをしている。政府もそれに浮かれ、日本人もそれを支えている」

 -4・28は「第3の琉球処分」だと主張している。

 「日本と琉球・沖縄の歴史は、日本による強制、強行、だましの繰り返しだ。4・28は、本土に見捨てられ裏切られたというより、また琉球処分が起こったという意味での『屈辱の日』と捉えている。オスプレイ強行配備のように琉球処分は現在進行形でも起きており、今度は辺野古も埋め立てようとしている」

 -今回に限って式典をすることについては。

 「今回だけでなく、日本の独立記念日のように毎年開催し、愛国心を高揚させる戦略なのではないか」

 -県内で反対集会の動きもある。県民は4・28をどう捉え、何をすべきか。

 「問題意識を共有するだけでなく、どう解決するかを考えるべきだ。主権回復を祝わないでくれ、もっと沖縄に寄り添え、ということでなく、決別、琉球独立だ。琉球の主権を回復するべきだというのが私の中での解決策だ。今回設立する琉球民族独立総合研究学会では当事者たる琉球人が世界の事例や、国際法上の法的権利を研究し、理論武装する。世界や自分の歴史も学ぶ中で、自信を持ち、意見を述べることが重要になってくる」

 -フォーラムの議論に期待することは。

 「4・28は沖縄だけの問題ではない。式典への抗議だけでなく、今後の沖縄、日本はどうあるべきか。解決策まで議論してほしい」

(聞き手・慶田城七瀬)

   ×   ×

 フォーラムは25日午後6時半から那覇市の琉球新報ホールで開かれる。
スポンサーサイト

<< 「民族」の独立 自らの手で/27日に「琉球の主権回復」考えるシンポ | ホーム | 独立へ プロセス議論/沖縄の主権考えるシンポ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP