FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族運動と琉球・沖縄~歴史的経緯と様々な取り組み~

沖縄国際大学の石垣さんから『世変わりの後で復帰40年を考える』という本を昨日、頂きました。みーふぁいゆー。

書きは目次と著者一覧です。石垣さんは、台湾原住民の脱植民地化運動研究に基づき、琉球における脱植民地化、自己決定権行使運動を先住民族という視点で分析されています。私の研究や活動についても考察して下さいました。非常に示唆的な論考ですので皆様もお読みください。

近年における琉球人類学の画期的な研究論文の一つだと思います。



『世変わりの後で復帰40年を考える』

復帰40年という沖縄の「世変わり」と「その後」に着目し、「琉球王国の誕生」「島津侵入」「琉球処分」「沖縄戦」「米軍政」などのキーワードから、沖縄がどのようにして変化していったのか。「世変わり」と「その後」を通して、沖縄の「今」を皆さんと考えます。

目次
タイトル
著者名

島津侵入 ~近世琉球への模索~
田名真之

琉球処分 ~琉球復国運動と脱清人~
赤嶺  守

沖縄戦-壊滅から復興へ
 ~宜野湾村行政文書にみる戦後初期の宜野湾~

吉浜  忍 

占領という「世変わり」と自治の模索
        ~桃原亀郎日記を手がかりに~
鳥山  淳

沖縄の開発と環境保護~生き物の視点から~
宮城邦治


文化財行政、世界遺産
上原  静

沖縄の生殖・家族とジェンダー
     ~「日本一の出生率」と女性の人権~
澤田佳世

民俗宗教と地域社会 信仰世界の変容
稲福みき子

記憶と継承 記憶・保存・活用
藤波 潔

先住民族運動と琉球・沖縄
   ~歴史的経緯と様々な取り組み~
石垣 直

発行:2013年3月29日
編集:沖縄国際大学公開講座委員会
発売元:編集工房東洋企画
定価:1,500円+消費税
スポンサーサイト

<< 『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社の重版が決まりました | ホーム | 「民族」の独立 自らの手で/27日に「琉球の主権回復」考えるシンポ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP