FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米の属国 「主権」どこ

4月17日の沖縄タイムスの記事です。友知さんの言葉、思想、生き様から、琉球独立論が机上の空論ではなく、琉球の具体的現実から生まれ、構築されたものであることがわかります。



[「4・28」への視座](8)/友知政樹氏 沖縄国際大学准教授/米の属国 「主権」どこ


 「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」-。勇ましい安倍晋三首相の掛け声で開催が決まった政府式典に対して、友知政樹さん(39)は穏やかな表情を崩さぬまま、静かに批判ののろしを上げた。
 まず、“突っ込み”どころが目につく。4月28日に祝賀式典を開く「不見識」を一つずつぶった切った。

 「日米地位協定だけを取っても主権回復していない。よく言われるように、米国の属国でしかない」。

 もう一方の「国際社会復帰を記念する式典」についても怒気をはらむ。侵略戦争の加害者国として、過去の過ちを十分清算しているとは思わないからだ。

 「日米の関係だけで社会復帰というのはおかしい。被害者国やその他複数の国を含めて国際社会で、これらの国々が納得してはじめて真の復帰だ」

 本職は沖縄国際大経済学部准教授。今でこそ学者の型に収まらない言動に注目が集まるが一躍、名をはせてまだ半年でしかない。

 オスプレイの強行配備が迫った昨年9月末、緊迫化する米軍普天間飛行場のゲート前でデモに参加。飛来した10月1日には、フェンス際でたこを飛ばした。友人や職場の仲間と結成した「ウーマクカマデーの会」の鮮烈なデビューだった。

 友知さんを突き動かすのは、大学院を米国で過ごした体験だ。滞在4年半の間、帰省した際に違和感を垣間見たが、修了後に戻った沖縄で確信に変わった。

 米本国で行われていない米軍機の低空飛行が平然とあった。それまで見聞きして頭では分かっていたが、米体験を通じて「バカにされている」とがくぜんとした。半面、これが日常だと「どこかで慣らされていた」とも思った。

 2007年4月から沖国大で教壇に立つ。沖縄振興の枠組みの中で自立へのシナリオを打ち出すことが最重要課題とされる。自身も研究に没頭したが、途中である重大なことに気づく。

 それは「自立すると困る人が出てくること」。その正体は「国だ」と言い切る。

 「本当に自立したら米軍基地はいらないと沖縄が言い出す。沖縄に基地を押しつけて成り立つ安保が成り立たなくなるのは歴然だ」「自分のことは自分で決める。強制されたくない」

 積年の怒りを爆発させたのが先の市民団体の結成だった。さらに日本の枠組みの下で、沖縄の自立を模索する研究とも決別した。来月の復帰記念日に琉球人限定の「琉球民族独立総合研究学会」を設立する。

 「もはや4・28で屈辱を味わい、5・15に祖国へ戻る構図は、ない」(政経部・粟国祥輔)=随時掲載
……………………………………
 ともち・まさき 1973年4月、浦添市出身。2002年米カリフォルニア大学アーヴァイン校で博士号取得(数理行動科学)。
(写図説明)「沖縄が自立して困るのは国だ」と話す友知政樹さん=宜野湾市・沖国
スポンサーサイト

<< 『沖縄自治州ー特例型沖縄単独州を求めて』 | ホーム | 琉球と上海 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP