FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

関西沖縄文庫での講演、コンサート。自己決定権シンポ。

15日は、南琉球が「復帰」した日でした。その節目の日に、大阪大正区にあるアゼリアで開かれた、
野村さんの講演会と、佐渡山さんのコンサートを聴きに行きました。

野村さんの講演会は、最初から、会場から右翼的な罵声がとび、騒然とした空気の中で始まりました。

日本軍の軍命は現在でも、基地の押し付けという形で続いている。加害者としての日本人を徹底的に批判するものでした。日本人が沖縄に対する暴力、差別をやめない限り、連帯はありえない。沖縄は植民地であり、被植民地人として沖縄人は自らを位置づける必要がある。

以上のような内容の話でした。「復帰」の意味を改めて考える日であったと思います。会場からは右翼的な質問、意見、罵声もあり、現在の琉球がおかれている状況も垣間見られました。

野村さんの意見にはほぼ同意見ですが、野村さんがよく引用する、フランツファノン、マルコムXは
実際に植民地状況にある、自らの地域を帝国から解放するための行動、活動、つまり、「植民地解放闘争」を展開したのですが、
野村さん自身は、どのような活動をされるのか。具体的な解放の道筋を示すべきではないかと思いました。

また、会場には、ブログリストにも紹介している「与論島クオリア」の喜山さんも来ておりましたが、
「沖縄人」といった場合、奄美諸島は除外されており、それでは、奄美諸島の人々は日本人になるのか。

日本人の近現代、そして今日の加害者性を、ヤマト社会において明確にし続けるという、重い課題をされている野村さんの気迫のこもったお話で、会場からの怒号にもひるんだところはありませんでした。

佐渡山さんのコンサートは、改めて、現在の琉球を深く考えさせられたものでした。「第三ゲート」では、琉球人が米軍人に殺されてきた事実を局の途中で語るのですが、その事実の重さを実感しました。

「人類館」でも、日本人が琉球人を差別する、そして琉球人が他の民族を差別するという、人類の矛盾を鋭くついていました。

龍谷大学大学院の院生である、藍澤さんご夫妻も会場に行きましたが、マダガスカルを研究されている藍澤さんによれば、パリ万博でも、マダガスカル人が「人類館」に展示されていたそうです。

講演、コンサートが終わり、喜山さん、藍澤さんご夫妻と梅田にいき、少しの間ですが、今晩の話しや歌について語らいあいました。

今日の夜、沖縄島にいきまして、明日の県立美術館で開かれる、自己決定権のシンポに参加します。午後1時から9時までの長丁場ですが、聞き洩らさず、言い洩らさずの姿勢で臨みたいと思います。

植民地状況下の琉球が、帝国の暴力を払いのけて、どのように自治を実現するかが問われているのではないでしょうか。

スポンサーサイト



<< マーカラワジーガ | ホーム | 岡部伊都子さんの生き方に学ぶ >>


コメント

はじめまして。

こんにちは。(^^*)
たどり着きましたので、コメントだけ残しておきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP